本文へスキップ

エージェントのインストール

WhaTapのTelegrafエージェントを使用するための基本的なインストール手順について説明します。

Telegrafから収集するメトリクスをWhaTap収集サーバーに送信することができます。収集されたデータはWhaTapのプロジェクト内で確認できます。 このページでは、whatap-telegrafエージェントをインストールし、Telegrafから受け取ったデータを収集サーバーに送信する方法について説明します。

既にインストールされているTelegrafのsocket_writer output pluginを有効化し、whatap-telegraf(Local TCP) エージェントにデータを渡します。

WhaTapサービスを使用するには、会員登録後にプロジェクトを作成し、対象サーバーにエージェントをインストールする必要があります。 会員登録に関する詳細については 次の文書を参照してください。

ノート

Telegrafエージェントは、ユーザーが該当サービスに直接インストールおよび設定する必要があります。

プロジェクト作成

エージェントをインストールする前にプロジェクトを作成してください。

  1. WhaTapモニタリングサービスに移動し、ログインします。

  2. プロジェクトを作成するには、左のサイドメニューからプロジェクト全体 > + Projectボタンを選択します。

  3. 商品選択 画面でプロジェクトにインストールする製品を選択してください。

  4. プロジェクト名データサーバーリージョンプロジェクトタイムゾーン項目を順番に設定します。

    プロジェクトの生成

  5. 通知言語の設定で、警告通知メッセージの言語を選択します。

  6. すべての設定を完了した後は プロジェクトを作成する ボタンを選択します。

ノート
  • データサーバーリージョンは、リージョン(クラウドサービスを提供するためにインストールしたデータセンターのグループ)を意味します。特定のリージョンを選択すると、そのリージョンに所属するデータセンターにユーザーのデータが保存されます。

  • プロジェクトタイムゾーンは通知とレポートを生成する基準時間です。

  • 複数のプロジェクトをグループで管理する場合は、プロジェクトグループからグループを選択するか、グループを追加してください。 グループの詳細については、次の文書を参照してください。

  • 組織を選択してプロジェクトを追加する場合は、組織下位のグループを必須に設定する必要があります。

プロジェクトアクセスキーの確認

プロジェクトアクセスキーは、WhaTapサービスを有効にするための固有IDです。

インストール手順セクションでプロジェクトアクセスキーの発行ボタンをクリックします。プロジェクトアクセスキーが自動的に発行されると、次の手順に進みます。

Tips

プロジェクトを作成すると、自動的にエージェントインストールページに移動します。エージェントインストールページが表示されない場合は、左側のメニューから全プロジェクトを選択し、新しく作成したプロジェクトを選択します。

インストール手順とファイル構成

  1. WhaTap リポジトリをインストールしてください。
  2. whatap-telegraf Linuxパッケージ(yum, apt-get)をインストールしてください。
  3. プロジェクトアクセスキー および WhaTapサーバー情報を設定してください。
  4. Telegrafのsocket_writer output pluginを設定し、データをリンクさせてください。
Telegrafエージェントファイル構成
  • whatap_telegraf

    サービス実行可能ファイルです。Telegrafから渡された情報を収集サーバーに送信するプログラムです。

  • /etc/init.d/whatap-telegraf (FreeBSD /usr/local/etc/whatap_telegraf)

    サービススクリプトです。

  • whatap.conf

    設定ファイルです。収集サーバーのアドレスとサーバーのプロジェクトアクセスキーが入力するファイルです。

  • whatap-telegraf-#.log

    エージェントログファイルです。(/usr/whatap/telegraf/logs)

パッケージをインストール

  1. WhaTap リポジトリをインストールしてください。

    $ sudo rpm -Uvh http://repo.whatap.io/centos/5/noarch/whatap-repo-1.0-1.noarch.rpm
  2. 次のコマンドを使用してパッケージをインストールしてください。

    $ sudo yum install whatap-telegraf
  3. 設定スクリプトを実行してサービスを開始します。

    echo "license=[発行されたプロジェクトアクセスキー]" |sudo tee /usr/whatap/telegraf/whatap.conf
    echo "whatap.server.host=[WhaTapサーバーアドレス]" |sudo tee -a /usr/whatap/telegraf/whatap.conf
    sudo service whatap-telegraf restart

Telegraf連携

_Telegraf.conf_にsocket_writer output plugin設定を行い、収集された情報をwhatap-telegrafに渡します。

TOML
# # Generic socket writer capable of handling multiple socket types.
[[outputs.socket_writer]]

# ## URL to connect to
address = "tcp://127.0.0.1:6600"

# # data_format = "influx"
data_format = "json"
  • [[outputs.socket_writer]]のコメントを解除します。
  • address項目にtcp接続を設定します。
  • データタイプは、json形式として設定します。

Telegrafエージェントのインストールを完了しました。次の文書でインストール時のトラブルを解決する方法を確認してください。