本文へスキップ

Windows

新規作成したサーバーモニタリングプロジェクトを選択すると、エージェントのインストール画面が表示されます。 プロジェクト管理 >エージェントのインストールメニューから行うことができます。

サーバーモニタリング Windows

エージェントのインストールメニューのOSの選択画面でWindows選択後、プロジェクトアクセスキーを確認したら、次の案内通りにインストールを進めてください。

  1. エージェントファイルをダウンロードします。

    インストールファイルのダウンロード タブで whatap_infra.exe または、 whatap_infra.zip ボタンを選択して、エージェントのインストールファイルをダウンロードします。

    ノート
    • セキュリティ設定により_.exe_形式のファイルをダウンロードできないユーザーのために、_.zip_形式のファイルも提供します。
    • サーバーのセキュリティのために、ブラウザーから直接インストールするのではなく、ダウンロードしたインストールファイルで実行することをお勧めします。
  2. モニタリング対象サーバーに接続してエージェントファイルをアップロードしてください。

  3. ダウンロードしたインストール ファイルをダブルクリックして実行してください。

  4. number-s インストールファイルの実行 タブに移動し、発行されたプロジェクトアクセスキーとサーバーIPを確認します。

  5. 画面の指示に従って、License Key項目にプロジェクトアクセスキーを入力し、WhaTap IPの項目に、WhaTapサーバーのIPアドレスを入力します。

  6. Next ボタンをクリックします。

  7. 次の画面で Install ボタンをクリックします。 インストールを続行します。

  8. Finish ボタンをクリックして、インストールを終了してください。

サーバー エージェントファイルの構成
  • 共通ファイル

    • ChangeLog.txt:エージェントの変更履歴です。

    • whatap.conf:サーバーのデータを収集するためにサーバーのアドレスとサーバーのプロジェクトアクセスキーが入力されるファイルです。

  • Windows

    • whatap_infra.exe:データ収集と送信用エージェントです。

    • unins000.:エージェントの削除ファイルです。

    • whatap.ico:WhaTapインフラのアイコン画像です。