本文へスキップ

Java Agent v2.2.33

2024年05月28日

  • FeatureKubernetesエージェントでcontinerIdを、Javaエージェントに渡す方式を追加

    ノート

    Kubernetesエージェント1.5.7バージョン 以降を使用すると、以前のバージョンよりもKubernetesとアプリケーションとの連携機能が向上します。

  • Changed Spring-boot-2.5.x ~ 2.6.x環境を利用するユーザーがNettyRoutingFilterクラスを実装して使用する場合でも、連携追跡できるように修正

    • Class NettyRoutingFilter org.springframework.cloud.gateway.filter.NettyRoutingFilter
  • Fixed db_pool_detailカテゴリのメトリクスで$okind, $onode値をそれぞれokindName, onodeNameに変更

ノート

ダウンロード: Java Agent v2.2.33

Javaエージェントを最初にインストールする場合は、次のコマンドを使用してパッケージを最初にインストールしてください。 エージェントインストールの詳細については、次の文書を参照してください。

wget https://service.whatap.io/agent/whatap.agent.java.tar.gz