本文へスキップ

エージェント機能の制御

PHPアプリケーションサーバーの機能を制御できます。

  • whatap.stat_enabled Boolean

    既定値 true

    統計情報の追跡機能をアクティブにします。 5分単位で収集されるトランザクション、SQL、HTTPCALL、UserAgent、Client IPなどの統計データなどが含まれます。

  • whatap.license String

    エージェントのインストール時にサーバーから割り当てられたアクセスキーを設定します。アクセスキーには、エージェントが属するプロジェクトとセキュリティ通信のためのパスワードキーが含まれています。

  • whatap.realtime_user_thinktime_max Milliseconds

    既定値300000

    リアルタイムユーザーを測定する場合は、同一ユーザーとして認識される最大の呼び出し間隔を指定します。

  • whatap.time_sync_interval_ms Milliseconds

    既定値300000

    エージェントとサーバー間の時間の同期サイクルを指定します。同期しない場合は、0を指定します。

  • whatap.text_reset Int

    既定値0

    WhaTapエージェントは、一度送信されたテキストタイプのデータをhash処理するため、翌日まで再送信しません。以前の設定値と異なる値を設定する場合は、再送信します。

    ノート

    トランザクションURL、SQL Stringなどがテキストタイプデータに対応します。

  • whatap.ext.error_enabled Boolean

    既定値 true

    PHP拡張モジュール(PHP Extension module)からエラー(Error)情報を収集する機能を有効にします。PHPコンパイルインストールの場合は、php.iniにwhatap項目がある場合は、whatap.iniの代わりにphp.iniに追加してください。

ノート

ApacheおよびPHP-FPMの再起動後に有効になります。

  • whatap.ext.exception_enabled Boolean

    既定値 true

    PHP拡張モジュール(PHP Extension module)から例外情報(Exception)を収集する機能を有効にします。PHPコンパイルインストールの場合は、php.iniにwhatap項目がある場合は、whatap.iniの代わりにphp.iniに追加してください。

ノート

ApacheおよびPHP-FPMの再起動後に有効になります。

  • whatap.debug_gc_percent Int

    既定値200

    whatap-phpサービスデーモンのgc呼び出し間隔を増やすことで、CPU負荷を減らすことができます。CPU負荷を減らす代わりに、メモリ使用量が増加します。最大1000まで適用されます。