本文へスキップ

SQL統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計/レポート > SQL統計

エージェントが収集したアクティブセッション内のSQLを実行回数、実行時間、待機時間などを基準に統計を算出し、表示期間中のTop SQL一覧を提供します。平均実行時間とピーク実行時間は、頻繁に実行されるSQL性能を分析できる根拠を提供します。

頻繁に性能分析のためによく分析するカテゴリ(DB, Application, USER, HOST) 別にTop SQLを検索することができます。主な参照基準は次のとおりです。

  • execute count: SQLの実行回数

  • elapse sum (sec): SQLの実行時間(秒) 合計

  • elapse avg (sec): SQLの平均実行時間(秒)でelapse sum/execute countの結果値

  • elapse max (sec): SQLの最大実行時間(秒)

  • elapse wait (sec): SQLの待機時間合計(秒)

  • instance: インスタンス名

情報

SQL統計機能は、リテラル値を除いたSQLを基準に統計を算出します。

基本画面ガイド

SQL統計

  1. 数字1 時間で、データを表示する時間と日付を選択してください。緑色のボタンを選択して検索時間を選択することもできます。

  2. 数字1 インスタンスでデータを検索する対象を選択してください。複数のインスタンスを選択でき、すべてのインスタンスを選択するには、すべて選択をクリックしてください。

  3. 検索アイコンボタンを選択してください。

上位50件までの内容をテーブルに表示します。

ノート
  • 任意の日付と時間を表示するには、時計の表示を選択してください。日付と時間のテキスト領域をクリックすると、日付と時間を選択するオプションが表示されます。

  • テーブルヘッダーの各カラムをクリックすると、選択したカラムをソートすることができます。

  • 並替え順で選択した項目に従ってソートすることができます。ご希望の項目を選択した後ボタンを選択してください。

  • 照会件数で、テーブルに表示する件数を設定できます。設定を完了した上でボタンを選択してください。

  • 参照した内容をCSV形式のファイルにダウンロードするには、ダウンロードアイコンボタンを選択してください。

クエリ別の実行推移を確認

使用カテゴリ別にデータを分類して表示するには数字2で目的のタブを選択してください。

テーブルの各項目別の左の数字3►ボタンを選択してください。クエリ文の5分当たりの実行回数と平均実行時間が表示されます。各棒グラフにカーソルを合わせると、その時間の数値が表示されます。

ノート

グラフチャートで目的の時間の棒グラフを選択すると、カウント推移メニューに移動します。選択した時間の指標を確認できます。カウント推移の詳細については、次の文書を参照してください。

クエリプレビュー

クエリ文プレビュー

照会された結果リストからマウスポインタをsqlカラム項目に移動すると、クエリ文をプレビューすることができます。

クエリの詳細

参照された結果一覧でsql項目を選択するとSQL詳細ウィンドウが表示されます。

SQL詳細

  • SQL統計の表示: 該当SQLクエリ文に関する統計情報が確認できるSQL統計メニューへ移動できます。

  • Default Bind: クエリ文で変数として設定された部分を既定値としてバインディングできます。

  • Reset Bind: バインディングされた既定値を解除し、変数を確認できます。

  • Formatting: SQLクエリ文にインデントおよびフォーマットを適用して可読性を高めることができます。

  • Plan: Plan情報を確認するにはDB NameUser NamePasswordを入力してから、検索アイコンボタンを選択してください。

参照結果フィルタリング

フィルター条件を追加する

照会された結果からSQLテキスト値またはエージェント名、DBユーザー名などを基準にフィルタリングし、希望する結果を照会することができます。

条件を追加する

  1. フィルターオプションでボタンを選択してください。

  2. フィルターキー項目で目的のフィルタリング基準を選択してください。

    • 選択した項目の値が文字に該当する場合は含む(青)、含まない(赤) の条件を選択することができます。

      条件色

    • 選択した項目の値が数字に該当する場合は==(等しい), >=(より大きいか等しい), <=(より小さいか等しい) 条件を選択することができます。

  3. 条件項目で条件を選択してください。

  4. 条件に一致する文字列または数字を入力してください。

  5. 適用ボタンを選択します。

ノート
  • フィルタリング条件を追加するには、追加ボタンを選択し、1 ~ 5のプロセスを繰り返してください。 追加した条件は、AND(&&) 条件として適用されます。

  • 条件を追加する時に一部の項目を削除するには、フィルター条件の右側の削除アイコンボタンを選択してください。 全体の条件を削除するには、削除アイコン 完全削除ボタンを選択してください。

  • フィルターオプションに適用された条件をすばやく削除するには、ボタンを選択してください。

  • sqlTextに「WhaTap」が含まれている場合は、除外するようにデフォルトで設定されています。

    WhaTap

フィルター条件を修正する

フィルターの修正

フィルターオプションに適用されている項目をクリックしてください。 フィルターの修正ウィンドウが表示されたら、必要な項目を修正し適用ボタンを選択してください。

テーブルカラムの設定

テーブルヘッダーカラムを非表示にしたり、希望する項目を追加することができます。 カラムの順序を変更することもできます。 カラムアイコンボタンをクリックします。

컬럼 설정

ノート
  • 設定を完了した後は、確認ボタンを選択すると、設定事項がテーブルに反映されます。

  • 数字3検索欄にテキストを入力して、希望するカラム項目を検索することができます。 入力したテキストと一致するカラム項目が表示されます。

カラムを追加する

数字1一覧でテーブルヘッダーカラムに追加する項目を選択してください。 すべての項目を追加するには、全体選択を選択してください。

カラムを削除する

数字1一覧で削除するカラム項目のチェックボックスを選択解除してください。 または数字2一覧で削除する項目の右側の削除アイコンボタンを選択してください。

カラム順序の変更

数字2一覧で順序を変更するアイテムをドラッグして、希望する位置に移動できます。

設定事項の初期化

変更事項をすべてキャンセルし、初期化するには、初期化アイコン 初期化ボタンを選択してください。