本文へスキップ

OpenTelemetry

この文書は、WhaTapモニタリングサービスのアプリケーション商品を利用しながらOpenTelemetryを通じてデータを追加収集しようとするユーザーのための文書です。

OpenTelemetryを通じてWhaTapモニタリングを使用する

OpenTelemetryは、遠隔測定データ(メトリクス、ログ、及び追跡)を計測、生成、収集、エクスポートするためのオープンソースオブザーバビリティ(Observability)フレームワークです。 OpenTelemetryを通じて収集した測定データをWhaTapモニタリングプラットフォームに転送することで、アプリケーションやサービスの性能と動作を分析し、問題を解決することができます。

もし、運用中のアプリケーションまたはサービスがOpenTelemetryライブラリに収集される場合は、追跡及び指標、ログデータをWhaTapモニタリングプラットフォームに持ってくる方法を選択することができます。 WhaTapモニタリングプラットフォームのダッシュボード及び分析メニューを活用して、可視性の高いオブザーバビリティモニタリングを提供します。

OpenTelemetryエージェント

OpenTelemetryエージェントは、OpenTelemetry CollectorのOTLP Exporterを通じて収集されたデータをWhaTapモニタリングプラットフォームに加工・伝達するエージェントです。

WhaTap OTel Agent

エージェントのインストールと実行のためのプロセスについては、以下を参考にしてください。

  1. OpenTelemetry CollectorがインストールされたインスタンスにWhaTapエージェントをインストールして実行してください

  2. 実行されたwhatap-otelサービスは、OTLP ExporterのためのGrpcサーバーを実行します。

    • リスニングポートは、基本6600ポートです

    • OpenTelemetry Collectorの基本設定と同様に、gzip圧縮設定はTrueとなります。

サポート環境

OpenTelemetryエージェントをインストールできるOSは、次のとおりです。

  • CentOS/Red Hat 6.xバージョン(64bit) 以降

  • Debian/Ubuntu 12.04バージョン(64bit) 以降

  • Amazon linux (64bit)

  • Alpine linux(64bit)