本文へスキップ

メトリクス

ホーム画面 > プロジェクト選択 > メトリクス

WhaTapモニタリングサービスのホーム画面でプロジェクトを選択し、プロジェクトメニューの下のメトリクスメニューを選択してください。メトリクスは、モニタリング対象の性能情報を表す時系列データです。プロジェクトを作成してアイテムをインストールすると、メトリクスデータが収集されます。データ収集後は、メトリクスメニューの機能から統合分析機能を利用することができます。

  • メトリクスキューブ

    各カテゴリ別のメトリクスフィールドデータの推移を分析できます。

  • メトリクスチャート

    モニタリング対象から収集されたメトリクスをチャートで照会できます。

  • メトリクス異常検知

    様々なメトリクス指標のパターンを確認し、それらを使用して今後の指標値の予測できます。

Tips
  • ネームスペースは、WhaTapメトリクスカテゴリで収集されます。 表記形式は、Naver Cloudのネームスペースを小文字に変更し、「/」を「_」に変更します。

    例)ncloud_

  • 指標は、WhaTapメトリクスで収集されます。 表記形式は「NaverCloudMetric.Stat」です。

  • 収集されるNaver Cloudの指標は、次の文書を参照してください。

メトリクスとは?

WhaTapは、モニタリング対象からデータを収集し、ユーザーに提供します。 エージェントから収集されるデータをメトリクスと表記します。

メトリクスは、ユーザー環境をひと目で確認できる基準要素を提供します。 例えば、サーバー別メモリ使用率の平均、DBの平均接続時間などをソースデータ一覧や視覚化したチャートビューなどを通じて簡単に確認することができます。 問題のある要素を特定したら、ログとトレースを表示して詳細な分析を行うことができます。

メトリクスは、ユーザー環境のスケールを調整するのにも役立ちます。 リソース使用量の統計を通じて必要なリソース量を確定することは、性能向上と費用対効果の面で重要な基準です。

WhaTapのメトリクス収集方法

Metrics overview

WhaTapエージェントは、モニタリング対象からモニタリング指標を収集し、メトリクスデータの形でWhaTap収集サーバーに送信します。 WhaTap収集サーバーは、関連データをカテゴリ別に保存および管理します。

WhaTapの収集サーバーは、様々なモニタリング対象からメトリクスを収集します。 ユーザーは、目的のメトリクスにアクセスするために、製品別の情報画面に移動して、説明されたプロセスに従う必要があります。

例えばNaver Cloudをモニタリングする場合は、API連携が必要です。 次の文書を参照してください。 収集されるメトリクス指標の場合は、次の文書を参照してください。

WhaTapのメトリクス構成要素

WhaTapのメトリクスは、次の情報で構成されています。

  • Category:関連するメトリクスをまとめる単位で、メトリクスを区分するKeyを意味します。
  • Tags:収集対象を区分できる固有情報を含むデータです。 ほとんど変更されることのないIP、Oname、Host情報などの項目を保存します。 Mapの形でMulti Tagが存在します。
  • Fields:エージェントから収集されたすべての指標値を保存します。 Mapの形でMulti Fieldが存在します。
  • Time:メトリクスが収集された時間です。
  • Oid:メトリクスを収集したエージェントの固有番号です。
  • Oname:メトリクスを収集したエージェントの名称です。

メトリクスデータの検索と視覚化

WhaTapは、ユーザーが指定した条件に従って収集したソースデータの一覧と利便性のために様々な形で視覚化されたチャートを次のように提供します。 メトリクスの元のデータを表示できるメトリックス照会、可視化したチャートでメトリクスデータを表示するメトリックスチャート、AIが学習したメトリクス指標のパターンと比較して予想パターンから外れた異常を検知できるメトリックス異常検出メニューを確認してください。

メ��トリクスビュー