本文へスキップ

MySQL SQL統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計/レポート > MYSQL SQL統計

MySQLのperformance_schemaで提供するSQL統計データ(遂行回数、実行時間、Rowの数など)で、performance_schema.events_statements_summary_by_digestビューを介して収集します。

ノート
  • この機能は、DBXエージェント1.6.10バージョン以降に対応しています。

  • events_statements_summary_by_digestビューの詳細については、次のリンクを参照してください。

使用する前に

MYSQL SQL統計メニューを使用するには、モニタリング対象DBで次の設定が必要です。

  1. データベース設定(my.cnf)でPerformance Schemaを活性化してください。

    my.cnf
    performance_schema = on
  2. モニタリングアカウントから、該当のデータを読み取りできるように照会権限を設定します。

    grant select on performance_schema.* to whatap;
  3. DBXエージェントでオプションを設定します。

    whatap.conf
    statements=true
ノート

1時間毎にevents_statements_summary_by_digestからデルタ値を計算して収集します。 そのため、設定してから1時間後から収集を開始します。

基本画面ガイド

MYSQL SQL 통계

  1. 時間から、データを照会する時間と日付を指定してください。 緑のボタンを選択して照会時間を選択することもできます。

  2. インスタンスから、データを照会する対象を選択してください。 複数のインスタンスが選択でき、すべてのインスタンスを選択するにはすべて選択をクリックしてください。

  3. 検索アイコンボタンを選択してください。

上位50件のテーブルを表示します。

ノート
  • 日付と時間を検索するには、時計の表示を選択してください。 日付と時間テキスト領域をクリックして、日付と時間を選択するオプションを表示します。

  • テーブルヘッダーの各カラムをクリックすると、選択したカラムをソートすることができます。

  • 並替え順で選択した項目によって照会結果を並べ替えることができます。 希望する項目を選択した上でボタンを選択してください。

  • 照会件数から、テーブルに表示する件数を設定できます。 設定が完了した後ボタンをクリックしてください。

  • 参照した内容をCSV形式のファイルとしてダウンロードするには、Download iconボタンを選択してください。

  • 照会された結果一覧でquery項目を選択するとSQL詳細画面が表示されます。 詳細については次の文書を参照してください。

カラム情報ガイド

フィールド名説明
digest_textSQL文
digestdigest_textのハッシュ値
schema_nameスキーマ名
count_star実行回数
timer_waitすべての遂行時間(秒)
lock_timeテーブルロックによる待ち時間(秒)
rows_affected影響を受けたrowの数(insert、update、replace構文)
rows_sentリターンされたrowの数
rows_examinedserver layerで検討されたrowの数
created_tmp_disk_tablesコマンドの実行中にサーバーが作成したディスクの臨時テーブル数の合計。回数が高い場合は、sortメモリサイズの増設を検討します。
created_tmp_tablesコマンドの実行中にサーバーが作成した内部臨時テーブル数の合計
select_full_joinインデックスを使用していないテーブルスキャンの数。0でなければインデックスの確認が必要です。
select_full_range_join参照テーブルでrange検索を使用したジョイン(join)数
select_range最初のテーブルでrangeを使用したジョイン(join)数
select_range_checkキーなしでジョイン(join)が発生した数。0でなければ確認が必要です。
select_scanDrivingテーブルをフルスキャンした数
sort_merge_passessort mergeでsortされた数
sort_rangerangeでsortされた数
sort_rowssort遂行されたrowの数
sort_scanスキャンでsortされた数
no_index_usedクエリでどのインデックスも使用していない回数。インデックス作成を考慮する必要があります。
no_good_index_usedサーバーに存在する既存のインデックスのうち、使用するインデックスが見つからない回数。回数が増えるとインデックスメンテナンスが必要になります。

クエリプレビュー

クエリ文プレビュー

照会された結果リストからマウスポインタをsqlカラム項目に移動すると、クエリ文をプレビューすることができます。

クエリの詳細を見る

SQL詳細

  • SQL統計の表示: 該当SQLクエリ文に関する統計情報が確認できるSQL統計メニューへ移動できます。

  • Default Bind: クエリ文で変数として設定された部分を既定値としてバインディングできます。

  • Reset Bind: バインディングされた既定値を解除し、変数を確認できます。

  • Formatting: SQLクエリ文にインデントおよびフォーマットを適用して可読性を高めることができます。

  • Plan: Plan情報を確認するにはDB NameUser NamePasswordを入力してから、検索アイコンボタンを選択してください。

    • Text: テキスト形式でプラン情報を確認できます。

    • JSON: JSON形式でプラン情報を照会すると、ボトルネックが発生した箇所がすばやく確認できます。

    ノート

    JSON形式でプラン情報を照会する機能は、DBXエージェント1.6.12バージョン以降から対応しています。

参照結果フィルタリング

フィルター条件を追加する

照会された結果からSQLテキスト値またはエージェント名、DBユーザー名などを基準にフィルタリングし、希望する結果を照会することができます。

条件を追加する

  1. フィルターオプションでボタンを選択してください。

  2. フィルターキー項目で目的のフィルタリング基準を選択してください。

    • 選択した項目の値が文字に該当する場合は含む(青)、含まない(赤) の条件を選択することができます。

      条件色

    • 選択した項目の値が数字に該当する場合は==(等しい), >=(より大きいか等しい), <=(より小さいか等しい) 条件を選択することができます。

  3. 条件項目で条件を選択してください。

  4. 条件に一致する文字列または数字を入力してください。

  5. 適用ボタンを選択します。

ノート
  • フィルタリング条件を追加するには、追加ボタンを選択し、1 ~ 5のプロセスを繰り返してください。 追加した条件は、AND(&&) 条件として適用されます。

  • 条件を追加する時に一部の項目を削除するには、フィルター条件の右側の削除アイコンボタンを選択してください。 全体の条件を削除するには、削除アイコン 完全削除ボタンを選択してください。

  • フィルターオプションに適用された条件をすばやく削除するには、ボタンを選択してください。

  • sqlTextに「WhaTap」が含まれている場合は、除外するようにデフォルトで設定されています。

    WhaTap

フィルター条件を修正する

フィルターの修正

フィルターオプションに適用されている項目をクリックしてください。 フィルターの修正ウィンドウが表示されたら、必要な項目を修正し適用ボタンを選択してください。

テーブルカラムの設定

テーブルヘッダーカラムを非表示にしたり、希望する項目を追加することができます。 カラムの順序を変更することもできます。 カラムアイコンボタンをクリックします。

컬럼 설정

ノート
  • 設定を完了した後は、確認ボタンを選択すると、設定事項がテーブルに反映されます。

  • 数字3検索欄にテキストを入力して、希望するカラム項目を検索することができます。 入力したテキストと一致するカラム項目が表示されます。

カラムを追加する

数字1一覧でテーブルヘッダーカラムに追加する項目を選択してください。 すべての項目を追加するには、全体選択を選択してください。

カラムを削除する

数字1一覧で削除するカラム項目のチェックボックスを選択解除してください。 または数字2一覧で削除する項目の右側の削除アイコンボタンを選択してください。

カラム順序の変更

数字2一覧で順序を変更するアイテムをドラッグして、希望する位置に移動できます。

設定事項の初期化

変更事項をすべてキャンセルし、初期化するには、初期化アイコン 初期化ボタンを選択してください。