本文へスキップ

マルチインスタンスモニタリング

ホーム画面 > プロジェクト選択 > ダッシューボード > マルチインスタンス

インスタンスモニタリングメニューでは、1つのエージェント(インスタンス)だけをモニタリングすることに対し、マルチインスタンスは、複数のインスタンスの指標を一つの画面で確認して比較することができます。 アクティブなエージェント数、アクティブなセッションの合計数、トランザクション情報などの指標をグループ化することで、インスタンスの状況を把握することができます。 グラフチャートを使用すると、インスタンスの指標値の推移と、どのインスタンスの指標値が高いかを簡単に確認できます。 最も長く続いているアクティブセッション情報を提供します。

マルチインスタンス

Tips

ダッシューボード > インスタンスリストメニューで比較しようとするエージェントを選択しマルチビューボタンを選択するとマルチインスタンスメニューに入ることができます。

過去のデータ参照

ダッシュボードではリアルタイムのモニタリング機能を基本的に提供しますが、過去の時間のデータを照会することもできます。

リアルタイムモード非リアルタイムモード
リアルタイムモード非リアルタイムモード
  1. 画面左上の時間選択からストップアイコンボタンを選択してください。

  2. 日付と時間領域をクリックして、目的の時間帯を設定してください。

    手動で時刻を設定してください

  3. 適用ボタンを選択します。

ユーザーが設定した時間に基づいて、ダッシュボードに配置したウィジェットのデータを更新します。 リアルタイムモードに切り替えるには再生アイコンボタンを選択してください。

エージェントの確認

エージェント接続状態を確認する

画面の左上のタイムピッカーの右側には、プロジェクトに関連したエージェントの状態を確認できる情報が表示されます。 これにより、モニタリング対象サーバーが動作有無がすぐに確認できます。

  • Total: プロジェクトに関連付けられているすべてのエージェントの数

  • Active: アクティブ化されたエージェントの数

  • Inactive: 非アクティブ化されたエージェントの数

  • エージェント表示アイコン: 非アクティブ化されたエージェントを表示または非表示にすることができます。

エージェント別モニタリング

エージェントの選択

基本的に、ダッシュボードにはすべてのエージェントから収集した指標をチャートとして表示しますが、エージェントを選択してデータを表示することもできます。 タイムピッカーの下にあるエージェントを1つ以上選択してください。 選択したエージェントの指標でダッシュボードに配置されたウィジェットのデータを更新します。

Tips

エージェントを1つ以上選択した状態で再度すべてのエージェントを選択するには、選択を解除するか、Totalを選択してください。

ノート

プロジェクトに接続されたエージェントの数が多い場合は、エージェント名を短く設定することをお勧めします。 エージェント名設定の詳細については次の文書を参照してください。

ダッシュボードウィジェットの編集

ダッシュボードに配置したウィジェットは、ユーザーが希望するサイズに調整でき、任意の位置に配置できます。 るウィジェットは削除したり、再度追加したりすることもできます。

ウィジェットのサイズ変更

ウィジェットのサイズ変更

ウィジェットの右下にあるサイズ調整アイコンをマウスでクリックした状態で希望するサイズにドラッグします。 幅と高さの比率が均一なグリッドが表示され、グリッド単位でウィジェットのサイズを調整できます。

ウィジェットの移動

ウィジェットの移動

ウィジェットの上部にマウスカーソルを位置すると、カーソルの形が移動アイコンの形に変更されます。 この時、マウスの左ボタンをクリックした状態で希望する位置にドラッグすると、ウィジェットを移動することができます。

ウィジェットを削除する

ウィジェットを削除する

削除するウィジェットで右クリックします。 削除ボタンをクリックすると、ウィジェットがダッシュボードから削除されます。

ウィジェットを追加する

ウィジェットを追加する

ダッシュボードから空きスペースにマウスカーソルを移動し、マウスの右ボタンをクリックします。 ポップアップメニューから追加するウィジェットを選択します。 希望する場所にウィジェットを配置してサイズを変更します。

ノート
  • ダッシュボードに配置できるウィジェットの詳細については、次の文書を参考にしてください。

  • 現在追加できるウィジェットは固定されていますが、今後のアップデートでウィジェットサポートを追加していく計画です。

ウィジェットオプションを利用する

ウィジェットに表示されているアイコンボタンの機能は次のとおりです。

  • 情報アイ��コン:主要ウィジェットに関する機能と情報が確認できます。 (多言語に対応予定)

  • 上方向アイコン / 下方向アイコン:チャートの縦軸範囲を拡大または縮小できます。

  • 拡大表示アイコン:該当ウィジェットのデータを広い画面で開くことができます。

  • 詳細アイコン : ウィジェット項目のデータをエージェント別に区分して照会できる詳細ウィンドウが表示されます。

ノート

ウィジェットによって使用可能なオプションは異なる場合があります。

プリセット

ダッシュボードからユーザーが設定したウィジェットの設定とレイアウト状態を保存して読み込むことができます。 基本プリセット(デフォルト)は変更できず、希望する形でウィジェットのサイズを変更、配置して新しいプリセットが作成できます。

プリセット

  • Default:XOS指標とAWS RDS CloudWatch指標、主要DB指標で構成されたプリセットです。

  • Default(xos):XOS指標と主要DB指標で構成されたプリセットです。

  • Default(rds):AWS RDS CloudWatch指標と主要DB指標で構成されたプリセットです。

新しいプリセットを作成する

  1. ダッシュボードから、希望する形にウィジェットを配置してみてください。 サイズを変更して、頻繁に確認するウィジェットのみを配置することもできます。

  2. 画面の右上に保存アイコンボタンを選択してください。

  3. 新しいプリセット名を入力してください。

    プリセット保存

    エージェント選択履歴を一緒に保存するには、エージェント選択履歴を含むを選択してください。

  4. 保存ボタンを選択します。

プリセット一覧から新しく保存したプリセットを確認できます。

ノート
  • 新しく作成したプリセットに変更が加えられた場合は、再度プリセットを保存してください。 保存アイコンボタンを選択し、同じ名前でプリセットを保存します。 既存のプリセットに変更を上書きします。

  • ダッシュボードの変更を保存せずに別のメニューに移動すると、変更は保存されません。

  • プリセットはユーザーアカウントごとに保存され、他のユーザーと共有されません。 より良い機能が提供できるように更新していく予定です。

プリセット削除

使用していないプリセットは、プリセット一覧から削除できます。 プリセット一覧から削除したい項目の右側に削除アイコンボタンをクリックしてください。

主要なウィジェットを調べる

ダッシュボードに配置できるウィジェットの種類は次のとおりです。

XOSウィジェット

  • [XOS] CPU

    エージェント別のCPU使用率をリアルタイムで確認できます。

  • [XOS] Memory

    エージェント別のメモリ使用率をリアルタイムで確認できます。

  • [XOS] Disk Usage

    エージェント別のディスク使用率と使用可能サイズ、全体サイズ情報を表示します。

    • 詳細アイコン : ディスク使用量の詳細ポップアップウィンドウが表示されます。 時間帯別のディスク使用量を表示したチャートを確認できます。 インスタンスごとに確認でき、SizeFreeUsedボタンを選択すると、全体のサイズ、残りのサイズ、使用中のサイズが確認できます。

    • 拡大アイコン : ウィジェットに表示されたテーブルをより広い画面で開くことができます。

    Tips

    データが表示されない場合は、_xos.conf_ファイルに次の設定を追加してください。

    xos.conf
    # disk usage 0ならばoff、単位: 秒
    disk_usage_interval=60

AWS RDS CloudWatchウィジェット

  • [RDS] CPUUtilization

    RDSデータベースのインスタンス別CPU使用率をリアルタイムで確認できます。

  • [RDS] FreeableMemory

    RDSデータベースのインスタンス別メモリ使用率をリアルタイムで確認できます。

  • [RDS] FreeStorageSpace

    RDSデータベースの使用可能なストレージ容量をリアルタイムで確認できます。

ノート

AWS CloudWatch指標照会のためのエージェント設定方法は、次の文書を参考にしてください。

Databaseウィジェット

  • Active Sessions

    クエリを実行しているセッション数をリアルタイムチャートで表示します。

  • Questions

    MySQLサーバーで実行したコマンドの数です。 Stored program内で実行されたコマンドを計算しないという点で、Queriesとは異なります。

  • Slow Query

    時間帯別のスロークエリをリアルタイムチャートで表示します。 チャートの特定の領域をドラッグするとSlow Query List一覧を確認できます。 上方向アイコンまたは下方向アイコンボタンを選択して、縦軸の範囲を拡大または縮小できます。

  • Logical I/O

    物理的な読み取りを含む論理的な読み取りリクエストの回数をリアルタイムのチャートで表示します。 Inodb buffer pool hitパーセンテージの計算を次のように行うことができ、90%以上を推奨します。 もしHit Ratioが低い場合は、Innodb_buffer_pool_sizeの増設を検討してください。

    Buffer Hit Ratio = (1 - (Innodb_buffer_pool_reads/Innodb_buffer_pool_read_requests)) * 100

  • Long Active Session Count

    データベースで実行される活性セッションの長期実行に関する情報を提供します。 セッションの実行時間に応じてグループ化され、時間単位で集計された情報をチャートで表示します。 長時間実行されるセッションを識別してデータベースの性能問題やリソース漏れを早期に感知したり、セッション実行時間による分類を通じてどのセッションが長期間にわたり活性状態に維持されているかを視覚的に把握できます。

    3秒未満は、3秒以上10秒未満は、10秒以上15秒未満はオレンジ、15秒以上はで表示します。

  • Long Waiting Session Count

    データベースでロックを保持または待機するセッションの長期待機時間に関する情報を提供します。 ロック情報と活性セッション情報を組み合わせて、待機中のセッションの長期待機時間を追跡できます。 長時間ロックを保持または待機するセッションをモニタリングします。 どのセッションが長時間ロックを保持または待機しているかを視覚的に把握できます。

    5秒未満は、5秒以上10秒未満は、10秒以上60秒未満はオレンジ、60秒以上はで表示します。

  • SQL Elapse Map

    実行中のクエリの経過時間をリアルタイムチャートで表示します。 チャートの特定の領域をドラッグするとQuery List一覧を確認できます。 上方向アイコンまたは下方向アイコンボタンを選択して、縦軸の範囲を拡大または縮小できます。

    ノート

    クエリの実行時間は、アクティブセッションを収集して計算します。 その結果、アクティブセッションの収集サイクルによって誤差範囲が発生する可能性があります。 次の図を参照してください。 収集サイクルの間に終了したSQL実行時間は計算されません。 収集サイクルが短いほど誤差範囲は小さくなりますが、DBの負荷を考慮して一般的に5秒に設定されています。 長時間にわたって実行されるクエリをモニタリングする場合に役立ちます。 SQL統計メニューのデータは同じです。

  • Lock Wait Sessions

    row lockを獲得を待機しているキューの数をリアルタイムチャートで表示します。

  • Commit

    コミットされたトランザクションの数をリアルタイムチャートで表示します。

  • Replication Delay

    Replication構造の場合、replication DBに反映される遅延時間をリアルタイムチャートで表示します。

  • Physical I/O

    物理的なdiskでデータを読み込んだ回数をリアルタイムチャートで表示します。

  • Select Full Join

    1つ以上のテーブルをジョイン(JOIN)する時、インデックスを使わずにドリブン(driven)テーブルをフルスキャン(full scan)した回数をリアルタイムチャートで表示します。

  • Tmp Tables

    インスタンス別のステートメントの実行中にサーバーによって生成された内部一時テーブルの数をリアルタイムチャートに表示されます。

Session Tableウィジェット

画面下段のSession Tableウィジェットでは、リアルタイムで実行されているアクティブセッションとロックツリー情報を照会できます。

  • アクティブセッション

    リアルタイムで実行中のセッションとクエリ内容を表示することができます。テーブルの右側にあるqueryカラムの項目を選択すると、SQL詳細ウィンドウが表示されます。選択したクエリ(Query)のFull TextおよびPlan情報を確認することができます。詳細については、次の文書を参照してください。

  • ロックツリー

    ロックセッションに関する情報とHolder、Waiter情報をリアルタイムで表示することができます。テーブルのカラムの詳細については、次の文書を参照してください。

ノート

テーブル一覧の文字の色は黒 → オレンジ順にセッションの実行速度が遅いことを意味します。

セッション詳細情報を確認する

アクティブセッションタブでセッション項目を選択するとセッション詳細ウィンドウが表示されます。 選択したセッションについての詳細を確認できます。

セッション詳細

  • セッションに関する情報は、既定値でリアルタイムで照会されています。 タイムセレクターの静止アイコンボタンを選択すると、リアルタイム照会を中止し、中止した時間ベースのデータを確認することができます。 リアルタイム照会を中止した状態でデータを更新するには、更新アイコンボタンを選択してください。

  • Kill Session:選択したセッションを停止できます。 セッション中止ウィンドウが表示されたらパスワード(Parameter Key) 値を入力した上で適用ボタンを選択してください。

    ノート

    この機能は、リアルタイム照会モードでのみ利用できます。

  • Session Info:選択したセッションについての詳細を確認できます。

  • Wait Info:当該バックエンドプロセスが現在待機中の場合、待機イベント名(wait_event)とイベントタイプ(wait_event_type)情報を確認することができます。

  • Process_Info:選択したセッションのプロセス情報を確認できます。

  • SQL Text / Plan:選択したセッションのSQLクエリ文とPlan情報を確認することができます。 詳細については次の文書を参照してください。

クエリの詳細を見る

現在実行中のセッションのSQLクエリ情報を確認するにはアクティブセッションセクションのqueryカラム項目を選択してください。 SQL詳細画面が表示されます。 SQLクエリ文とPlan情報を確認することができます。

SQL詳細

  • SQL統計の表示: 該当SQLクエリ文に関する統計情報が確認できるSQL統計メニューへ移動できます。

  • Default Bind: クエリ文で変数として設定された部分を既定値としてバインディングできます。

  • Reset Bind: バインディングされた既定値を解除し、変数を確認できます。

  • Formatting: SQLクエリ文にインデントおよびフォーマットを適用して可読性を高めることができます。

  • Plan: Plan情報を確認するにはDB NameUser NamePasswordを入力してから、検索アイコンボタンを選択してください。

    • Text: テキスト形式でプラン情報を確認できます。

    • JSON: JSON形式でプラン情報を照会すると、ボトルネックが発生した箇所がすばやく確認できます。

    ノート

    JSON形式でプラン情報を照会する機能は、DBXエージェント1.6.15バージョン以降から対応しています。

Tips

JSON形式でプラン情報を照会した状態でtableまたはindex項目を選択すると、テーブルのcolumnindex構成が確認できるObject detailウィンドウが表示されます。

Object detail

この機能は、DBXエージェント1.6.15バージョン以降に対応しています。 データベース権限に関する設定は、次の文書を参考にしてください。

テーブルデータのフィルタリング

Filter

  1. テーブルの右上にあるフィルターアイコンボタンを選択してください。

  2. テーブルのカラムヘッダー項目と条件を選択してください。

  3. 条件を入力してください。テキストボックスに値を入力してください。

  4. 保存ボタンを選択します。

テーブルカラムの設定

テーブルヘッダーカラムを非表示にしたり、希望する項目を追加することができます。 カラムの順序を変更することもできます。 カラムアイコンボタンをクリックします。

컬럼 설정

ノート
  • 設定を完了した後は、確認ボタンを選択すると、設定事項がテーブルに反映されます。

  • 数字3検索欄にテキストを入力して、希望するカラム項目を検索することができます。 入力したテキストと一致するカラム項目が表示されます。

カラムを追加する

数字1一覧でテーブルヘッダーカラムに追加する項目を選択してください。 すべての項目を追加するには、全体選択を選択してください。

カラムを削除する

数字1一覧で削除するカラム項目のチェックボックスを選択解除してください。 または数字2一覧で削除する項目の右側の削除アイコンボタンを選択してください。

カラム順序の変更

数字2一覧で順序を変更するアイテムをドラッグして、希望する位置に移動できます。

設定事項の初期化

変更事項をすべてキャンセルし、初期化するには、初期化アイコン 初期化ボタンを選択してください。

カラム情報ガイド

項目説明
Instance Nameインスタンス名
idconnection識別子
userSQL実行アカウント
hostこのスレッドが関連付けられたhostname
dbdefault database名、 ない場合はNULL
command実行されているコマンドの種類 (Query/Sleep/Daemonなど)
time現在のCOMMANDの実行時間(秒)
stateスレッドの状態(executing/updating/sending dataなど)
query実行されているstatementです。Processlist.infoからリテラル値を除外したSQLを表示します。
query_paramqueryから分離したリテラル値
typeThreadのタイプ。 FOREGROUND/BACKGROUNDなど
connection_typeConnectionの確立に使用されるprotocol。 TCP/IP, SSL/TLS

照会リストをダウンロードする

現在照会中のSession TableリストをCSVファイル形式でダウンロードすることができます。 Session Tableセクションの右上のダウンロードアイコンボタンを選択してください。

ダウンロードしたファイル名の形式は次のとおりです。

  • アクティブセッション: activeSession_HH_MM_SS.csv

  • ロックツリー: lockTree_HH_MM_SS.csv

別ウィンドウで見る

Session Tableリストを別ウィンドウで開き、より広い画面で開くことができます。 Session Tableセクションの右上の別ウィンドウアイコンボタンを選択してください。