本文へスキップ

トランザクション検索

ホーム画面 > プロジェクト選択 > アプリケーション > 分析 > TX検索

トランザクション検索メニューを使用して、特定の期間の各トランザクションの性能属性に関する統計と実行状態を検索できます。すべてのトランザクションを確認し、正常およびエラー状態をすばやく確認できます。提供される情報から、どのようなトランザクションの使用量が多く、リソースを多く消費しているかがわかります。トランザクションの属性に応じて様々なフィルタリングができ、特定の条件のトランザクションを見つけるのに役立ちます。

Transaction Search

指示線1領域で照会時間を設定した後、コンテナオプションで照会対象を選択してください。検索アイコンボタンを選択すると、検索結果がテーブルに表示されます。指示線2領域の結果リストから希望する項目を選択するとトランザクション情報ウィンドウが表示されます。トランザクション情報ウィンドウを活用したトランザクショントレースの詳細分析に関する詳細は、次の文書を参考にしてください。

ノート
  • エラー状態のトランザクションのみを検索するには、エラーのみ表示をクリックし検索アイコンボタンを選択してください。

  • 検索条件によってレスポンス遅延が発生する可能性があるため、検索時間をできるだけ短く設定することをお勧めします。

カラム選択

指示線2領域のカラム選択アイコン カラム選択ボタンをクリックすると、次のようにカラム選択ウィンドウが表示されます。希望するカラムを適切に選択してください。

カラム選択

フィルター適用

指示線1領域でフィルターを活用すると詳細検索が可能です。様々な検索条件によるデータの検索方法に対応します。フィルター項目も複数適用できます。希望するフィルターを指定し検索アイコンボタンを選択します。

ノート
  • 一部のフィルター項目は、製品によっては対応できない場合があります。

  • 多重フィルター適用時、マルチTXIDフィルターを適用して検索する場合TXIDフィルターのみ追加適用できます。

経過時間

経過時間

トランザクションのレスポンス時間を基準に検索します。基準以上と未満の2つの値を入力して検索します。

エラーメッセージ

エラーメッセージ

トランザクションのエラーメッセージに基づいて検索します。デフォルト状態ではエラー関連のカラムが表示されない場合があります。カラムを選択して確認してください。

ノート

エラー状態のトランザクションは赤で表示されます。

HTTPコール件数

HTTPコール件数

トランザクション中に外部HTTPサービスを呼び出した件数が入力値以上に該当するトランザクションを検索します。例示画像の場合5件以上を照会します。

SQL件数

SQL件数

トランザクション別のSQL実行件数が設定した入力値以上に該当するトランザクションを検索します。例外的に過度な数のSQLを呼び出すトランザクションを検索するときに利用します。

SQLパッチ件数

SQLフェッチ数

SQLを実行した後、DBパッチ件数に基づいて入力値以上に該当するトランザクションを検索します。過度なデータパッチを実行するトランザクションを検索するときに利用します。

トランザクション

URL

トランザクションベースで検索します。入力した検索文字列は、含めるかどうか(部分一致)で比較検索します。

クライアントIP

IP

クライアントIPベースでトランザクションを検索します。ただ、IP文字列は、PREFIX比較(前方一致)で検索します。

ドメイン

ドメイン

HTTPサービスドメイン(host:port)ベースでトランザクションを検索します。検索条件は、ドメインが完全に一致(完全一致)する必要があります。

ユーザーエージェント

ユーザーエージェント

ユーザーエージェントベースでトランザクションを検索(部分一致)します。

リファラー

Referer文字列ベースでトランザクションを検索します。

ノート

デフォルト設定状態のエージェントは、Refer情報を収集しません。Referer設定が必要な場合は、次の文書を参照して関連する設定を追加してください。

TXID

TXID

トランザクションIDベースでトランザクションを検索(完全一致)します。トランザクションIDの場合、検索インデックスが作成されているため、高速で検索できます。

ノート
  • トランザクションIDは、トランザクション情報ウィンドウのレコード要約タブで確認できます。詳しい内容は、次の文書を参考にしてください。

  • 最新バージョンのエージェントを使用していない場合、インデックスを使用しないフルスキャンが発生する可能性があります。

マルチTXID

マルチTX ID

マルチTXIDベースでトランザクションを検索(完全一致)します。

ノート
  • マルチトランザクションIDは、トランザクション情報ウィンドウのレコード要約タブで確認できます。詳しい内容は、次の文書を参考にしてください。

  • 最新バージョンのエージェントを使用していない場合、インデックスを使用しないフルスキャンが発生する可能性があります。

  • マルチTXIDフィルターを適用して検索する場合、TXIDフィルターのみ追加できます。

WClientID

クライアントID

クライアントID(wClientId)は、WhaTapエージェントがユーザーを区分するために付与するIDです。このID値に基づいてトランザクションを検索(完全一致)します。検索のための個別のインデックスはありません。

ノート

WhaTapは、クライアントに関する情報をデフォルトで保存します。

ログインID

ログインIDに基づいてトランザクションを検索します。

ノート

基本設定状態のエージェントでは、ログインID情報を収集しません。ログインIDの設定が必要な場合は、次の文書を参照して設定を追加してください。

検索結果をダウンロードする

ユーザーが設定したフィルター条件に従って検索された結果をCSVファイルにダウンロードすることができます。

  1. 検索アイコンボタンをクリックして検索結果を照会してください。

  2. ダウンロードアイコンボタンをクリックします。

  3. 最大CSV行数を入力してください。入力した行数だけ、照会された結果を保存することができます。

  4. ダウンロードボタンを選択するとCSVファイルにダウンロードします。

ノート

CSVファイル名は、profile_{pcode}_YYMMDD.csv形式です。