本文へスキップ

ログ警告通知

ノート
  • この機能は、ログモニタリングを活性化させる必要があります。 ログモニタリングの活性化についての詳細は次の文書を参照してください。

  • ログモニタリングの主要メニューの詳細については次の文書を参照してください。

ホーム画面 > プロジェクト選択 > アラート警告通知 > イベント設定 >ログタブ

収集したログデータを条件に合わせてフィルタリングすることで、警告通知を設定できます。 +イベントの追加ボタンをクリックして、ログイベントの警告通知を設定します。 すべての設定を完了して 保存 ボタンを選択してください。

ログ通知設定

追加できるログイベントは次のとおりです。

  • リアルタイムログイベント:リアルタイムで収集したログから検索値が登場すると、アラート通知を送信します。

  • 複合ログイベント:最近収集されたログが特定の条件を満たすログが一定数を超えた場合に警告通知を送信します。

ノート
  • イベントを追加または設定するには、通知設定の権限が必要です。 メンバー権限の詳細については、次の文書を参考にしてください。

  • アラート通知に関連してモニタリングプラットフォームごとに対応されているイベントの種類を確認するには、次の文書を参照してください。

イベント追加共通オプション

以下は、イベント追加時に共通して設定できるオプションです。

  • イベント名 :追加するイベント名を入力します。

  • イベントの活性化:トグルボタンをクリックして警告通知を有効にするかどうかを選択します。

  • レベル : 危険, 警告, 情報次のいずれかのレベルを選択します。

  • メッセージ:イベント発生時に出力する通知メッセージを入力します。 ${タグまたはフィールドキー} を入力してメッセージに変数を適用できます。 変数に入力するキーは、選択したメトリクス データカテゴリにある値を入力します。

  • カテゴリー:ログ識別名(ログフォルダ名)をリストから選択または直接入力することができます。

  • イベント発生の一時停止:過剰な警告通知が発生しないようにするオプションです。 最初の警告通知以降、選択した時間帯に警告通知を送信しません。 また、イベント履歴メニューには残りません。

  • イベント受信タグ: イベント受信タグを選択すると、該当タグを持つプロジェクトメンバーと3rd-partyプラグインに通知を送信できます。 イベント受信タグを選択しない場合は、プロジェクトの全体メンバーに警告通知を送信します。

    タグを追加しない場合は、全体メンバーに警告通知を送信します。 + タグ追加をクリックし、タグ一覧で警告通知の受信対象を選択してください。 + 新しいタグ作成を選択してタグを追加することもできます。

    ノート

    アラート通知 > イベント受信設定メニューでプロジェクトメンバーと3rd-partyプラグインにタグを設定できます。 イベント受信設定メニューの詳細については、次の文書を参照してください。

リアルタイムログイベントの追加

リアルタイムログイベントの追加

  • 検索キー:ログデータ内で特定の値にアクセスするための識別子を意味します。 一覧から選択または直接入力できます。

    例、HTTPレスポンスステータスコードを示す値にアクセスしようとする場合、検索キー status

  • 検索値検索キーに該当する実際のデータを意味します。 ログから入力したキーワードを含む場合は、警告通知を送信します。 一覧から選択または直接入力できます。

    例、検索キー status 検索値 200設定した場合、HTTPレスポンスステータスコードである200を含むログデータ収集時に警告通知が発生

  • アラート通知対象のフィルタリング選択入力オプションを通じて検索キーオペレーター検索値を選択して対象をフィルタリングしたり直接入力オプションを選択できます。 入力がない場合は、リアルタイムで収集するデータ全体に対する通知の発生有無を判断します。

    例)AppLogカテゴリのログからlevelERRORであるログを検索します。 一致するログの中にoid12345678である場合、警告通知が送信されます。

複合ログイベントの追加

複合ログイベントの追加

  • テンプレート:複合ログテンプレートを提供します。

  • ログ検索条件

    • 検索キーでは、イベント発生条件の対象を選択できます。 選択した検索キーに該当する検索値を選択できます。

    • 検索キーが同じ項目を追加する場合は「OR」条件で、別の項目を追加する場合は「AND」条件で機能します。

    • 除外チェックボックスを選択して、選択した検索値をアラート通知条件から除外できます。

    • +追加を選択して複数のイベントの発行条件を追加または除外設定することができます。

  • データ照会範囲:選択した時間の間に収集されたログを表示します。 データの表示時間を5分に選択すると、直近5分間に収集されたデータを表示してイベントが発生する条件を確認できます。

  • アラート通知条件:入力した回数や選択したオペレーターの条件に該当するイベントが発生した場合、アラート通知を送信します。

    例)AppLogカテゴリのログのうち、条件入力に該当するログをフィルタリングします。 条件入力で除外をチェックした場合、その条件で見つけたログを除外します。 ただし、levelERRORであるログは除外されます。 直近の10分間に収集されたログのいずれかのイベントが 5より小さい場合は、警告通知を送信します。

ログイベント設定の修正

  1. 警告通知 > イベント設定メニューに移動してください。

  2. ログタブを選択します。

  3. ログイベント一覧の中から変更するイベント項目の右側編集アイコンボタンを選択します。

  4. イベント設定ウィンドウが表示されたら、オプションを変更して、保存ボタンを選択します。

選択したログイベントを削除するには、イベント設定ウィンドウの右上の削除ボタンをクリックします。

ログイベントの非活性化

  1. 警告通知 > イベント設定メニューに移動してください。

  2. ログタブを選択します。

  3. ログイベント一覧からアラート通知をオフにするイベント項目の右側にあるトグルボタンを選択します。

もう一度トグルボタンをクリックすると、そのアラート通知がアクティブになります。

ログイベントの書き込み/読み込み

ログイベントの設定内容をjsonファイルとして保存し、読み込んで再利用することができます。

  1. 警告通知 > イベント設定メニューに移動してください。

  2. ログタブを選択します。

  3. ログイベント一覧上のJSON書き出しアイコンボタンをクリックしてください。 JSON書き出しウィンドウが表示されます。

  4. エクスポートするアイテムを修正または編集します。

  5. 右上の書き出しアイコンエクスポートボタンを選択します。 ブラウザでjsonファイルをダウンロードします。

  6. ログイベント一覧の上の読み込みアイコンボタンをクリックしてください。

  7. ファイル選択ウィンドウが表示する前にダウンロードしたjsonファイルを選択します。

  8. JSONのインポートウィンドウが表示されると内容を修正して、+ 一覧に追加ボタンを選択します。

ノート

イベントIDが存在します。 IDを削除した後、もう一度やり直してください。

  • メッセージが表示されると、JSONのインポートウィンドウで id項目を削除し、+一覧に追加ボタンをクリックします。

  • 既存のイベント項目を上書きをするには、id 項目を削除し、上書きボタンをクリックします。