本文へスキップ

統合レポート

ホーム画面 > 統合レポート

WhaTapモニタリングサービスの初期画面では、プロジェクトを選択せず、メインメニュー以下の統合レポートを選択します。統合レポートは、複数のプロジェクトに関するレポートを簡単に作成できます。

レポートの種類と目的のプロジェクトを選択してレポートを作成することができ、レポート作成一覧からタスクの進行状況を確認することができます。レポート作成中に特定のプロジェクトでエラーが発生した場合、エラー内容を確認できます。作業が完了したレポートを直接表示したり、ダウンロードおよび印刷機能を使用して、他のユーザーとレポートを共有することができます。

統合レポートの機能は次のとおりです。

  • マルチプロジェクトサポート

    統合レポートメニューから複数のプロジェクトを選択し、一度にレポートを作成することができます。既存のレポートメニューでは、プロジェクトごとにレポートを作成する必要がありました。

  • タスクごとのレポート作成

    レポート作成メニューからタスクごとにプロジェクトを選択し、テンプレートとして保存できます。通常タスクごとにプロジェクトを分割して使用するマイクロサービスアーキテクチャ(MSA、Micro Service Architecture)の環境で役立ちます。

  • 大容量データの最適化

    統合レポートメニューを使用すると、レポートの生成時間が大幅に短縮されます。また、一部のプロジェクトレポート生成中にエラーが発生した場合でも、レポートの結果を表示することができます。

  • レポート作成中に同時作業が可能

    統合レポートメニューからレポートを作成すると同時に、他のタスクを行うことができます。既存のレポートメニューは、作成作業が完了するまで待つ必要がありました。

    統合レポートメニューからレポートの作成を開始した後、別のページに移動することができます。また、レポート結果一覧から進捗状況と完了したレポートを表示することができます。

  • レポート作業の共有

    同じプロジェクト権限を持つユーザーが作成したレポートを表示できます。関連するレポートがすでに作成されているかを確認できるため、重複の作成を回避できます。

レポートと統合レポートの違い

レポートは、一つのプロジェクトに対するレポートを作成するメニューです。従って、プロジェクトを選択した後、左部の統計/レポートメニューからアクセスできます。

統合レポートは、複数のプロジェクトのレポートを作成するメニューです。プロジェクトを選択することなく、メインメニューからアクセスできます。レポートの詳細は次の文書で確認できます。

レポート作成の方法

  1. レポートの種類の選択

    レポートの種類メニューから目的のレポートのタイプを選択すると、レポートの作成ボタンが活性化されます。レポート名の前にあるアイコンは、レポートのフォームがサポートするプロジェクトプラットのフォームを意味します。

    • プラットフォームアプリケーションicon アプリケーションプロジェクトプラットフォームを示します。
    • プラットフォームKubernetes icon Kubernetesプロジェクトのプラットフォームを示します。
    • プラットフォームサーバiconサーバープロジェクトプラットフォームを示します。
  2. 詳細設定

    レポートの種類を選択した後、レポート作成ボタンをクリックしてください。次のように詳細設定ができます。

    • レポートのタイトル

      同じ種類のレポートが複数ある場合、名前を指定するとレポートの結果を区別するときに役に立ちます。

    • 時間

      レポートで使用するデータの期間を選択します。期間はレポートの種類(日、週、月)によって異なります。

    • プロジェクト選択

      レポートを作成するプロジェクトを選択します。グループまたは個別のプロジェクト別に選択できます。

    • レポートフォームの保存と読み込み

      現在入力されたレポートの設定をテンプレートとして保存し、次回作成時にリスト一覧から読み込むことができます。この機能は、プロジェクトベースで頻繁に使用することが多い場合に便利です。

  3. レポート作成

    設定が完了したら、レポート作成ボタンを押してレポートを作成してください。

タスク一覧を確認

レポート作成一覧で以前に作成したレポートと現在作業中のレポートを確認することができます。

全体一覧では、作成したレポートのに加え、自分と同じ権限を持つユーザーが作成したレポートを表示することができます。個人のレポート一覧では、作成したレポートのみをフィルタリングして表示することができます。

エラーなく作成されたレポートはチェックiconチェックアイコンとして表示され、エラーが含まれている場合は警告icon警告アイコンが一緒に表示されます。警告icon警告アイコンをクリックすると、どのプロジェクトでエラーが発生したのか確認できます。

表示と共有

レポートは、次の 3 つの方法で表示されます。

  • 画面照会

    タスク一覧から作成したレポートを選択すると、画面上で直接表示できます。

  • ダウンロード

    ダウンロードボタンをクリックすると、レポートと同じファイルがhtml形式でダウンロードされ、モニタリングの管理権限を持たないユーザーとレポートを共有できます。

  • 印刷およびPDF保存

    印刷ボタンを押すと、パソコンに接続されたプリンターで印刷または、PDF形式で保存することができます。