本文へスキップ

ヒットマップ-トレース分析

アプリケーションヒットマップウィジェットからトレース分析画面を開くと、トランザクション一覧と各トランザクションの下位ステップ情報が一緒に確認できます。 ヒットマップウィジェットで照会する領域をドラッグします。 選択した領域のトランザクション一覧と下位ステップ情報がトレース分析画面に表示されます。

情報

2023年7月25日にリリースされたトレース分析機能の変更点を確認するには 次の文書を参照してください。

Tips

エラーが発生したトランザクション情報のみを分類して確認するには、アプリケーションヒットマップウィジェットの右上にあるエラーボタンをクリックし、チャート領域をドラッグしてください。

ヒットマップウィジェット

基本画面案内

ト��レースの分析

  • 数字1トランザクション照会件数:ヒットマップウィジェットからドラッグした領域のトランザクション一覧の数を確認できます。 最大1000件まで照会できます。

  • 数字2トランザクションの分類アクティブスタックアイコンアクティブスタックマルチトランザクションアイコンマルチTX、エラー項目を区分して一覧を確認できます。

  • 数字3トランザクション検索:トランザクション名、エージェント名、エラー メッセージに基づいてトランザクション一覧を検索できます。

  • 数字4一覧ソート:テーブルのヘッダーカラム項目をクリックすると、選択した項目に基づいてトランザクション一覧をソートできます。

  • エラーが発生したトランザクション項目は、一覧に赤色で表示されます。

    TXリスト

Tips
  • テーブルでよく参照するカラムを前方に配置したり、カラムの追加および非表示などができます。 詳細は次の文書を参照してください。

  • ヒットマップウィジェットから別の領域をドラッグすると、新しいトレース分析ウィンドウを読み込むことができます。 既存のトレース分析画面と比較して確認できます。

  • 表示されているトランザクション項目を他のユーザーに共有できます。 トランザクション項目を選択した状態(a icon)で、トレース分析画面b icon コピーアイコン URLをコピー ボタンを選択します。 コピーしたURLアドレスを他のユーザーに共有します。 URLアドレスを受け取ったユーザーは、ブラウザアドレスバーにURLアドレスを入力すると、同じ項目をすばやく確認できます。

    TX共有

トレース分析

トランザクション一覧から詳細内容を確認する項目を選択します。 画面右側の選択したトランザクションに関しての詳細分析内容を表示します。 この状態で別のトランザクション項目を選択すると、選択したトランザクション項目の詳細分析内容に変更されます。

WhaTapは、トランザクションの性能を分析するために、名前やクライアント情報などの属性、トランザクションの処理性能、そして各区間別の詳細な実行履歴を収集して表示します。

トレース分析

  • 数字5領域では、ステップ情報をさまざまな形式で確認できます。 希望する形式のタブを選択します。

  • 数字6領域では、トランザクションに関する基本情報を確認できます。 左一覧のカラム項目と一致する情報です。

  • 数字7統計アイコン:該当URLまたは各実行区間の統計データの画面が表示されます。 統計データウィンドウのグラフチャートで希望する時間をクリックすると、統計メニューへ移動します。 選択した時間に基づいて統計データを照会することができます。

  • 数字8 左右にドラッグして、画面のサイズを調整できます。 より多くの情報を確認する際に便利な機能です。

ノート
  • 統計メニューの詳細は次の文書を参照してください。

  • またはボタンをクリックすると、トランザクション一覧または詳細な分析画面をフルサイズに変更できます。

収集するステップ(Step)の種類は次のとおりです。 ダイアグラムとテキストの色を区分して表示します。

  • DB ConnectionステップSTART-END

    RDBへの接続のパフォーマンスが含まれます。 ステップ情報には、名前、レスポンス時間、エラーが含まれます。

  • SQLステップSTART-END

    JDBC SQLのパフォーマンスが含まれます。 ステップ情報には、接続情報、SQL文、エラーが含まれています。

  • HTTP CallステップSTART-END

    外部HTTPサービス呼び出しのパフォーマンスが含まれます。 ステップ情報には、url、host、port、レスポンス時間、エラーが含まれます。

  • MessageステップADD

    トレースを収集する過程で、非構造化のすべての間隔の履歴を収集する際にメッセージステップを使用します。

  • SocketステップADD

    Socketオープンを表現するステップです。

  • MethodステップSTART-END

    メソッド応答時間を追跡します。

  • Active StackステップSTART-END

    アクティブスタックに関する情報を含みます。 別のスレッドが作成し、トレースに追加する方法で収集します。

ノート
  • WhaTapモニタリングサービスでは、ステップ(Step)はスパン(Span)と同じ意味で使用されます。

  • 2023年7月25日にリリースされたトレース分析機能の変更点を確認するには 次の文書を参照してください。

テーブルビュー

テーブルビュータブでは、トランザクションの実行過程を時間順に確認できます。

テーブルビュー

  • トランザクションを実行区間別に分類し、ダイアグラムで確認できます。 全経過時間のうち、各区間別に所要された時間、最も長くかかった区間を素早く把握できます。
  • ダイアグラムの各区間を選択すると、そのステップが位置するテーブルの一覧に移動します。

    ステップ選択

  • 赤い丸(アクティブスタックアイコン)が位置する領域は、アクティブスタックが収集された時点です。 赤い丸を選択すると、アクティブスタックボタンがあるテーブル一覧に移動できます。 アクティブスタックボタンをクリックすると、その区間で行われたステップ情報を確認できます。

    ノート
    • トランザクション一覧からアクティブスタックアイコンアイコンが表示された項目で確認できます。

    • アクティブスタックの詳細については、次の文書を参照してください。

  • カラムアイコンカラム選択:テーブル一覧にカラムでメモリ累積情報およびCPU累積情報を追加または非表示できます。 カラム情報は次のとおりです。

    • No:ステップの実行順序

    • 時間:各ステップの開始時刻

    • 時間差:直前ステップの開始時刻から現在のステップに移るまでの待ち時間、外部要因により遅延される場合、経過時間と異なる場合があります。

    • 経過:各メソッドの開始から終了までの所要時間

    • 内容:該当ステップの詳細な実行内容

  • ダウンロードアイコンTXT:トランザクションの基本情報および区間ごとの実行情報をtxtファイルでダウンロードできます。

  • ダウンロードアイコンSQL:トランザクションの基本情報およびSQL実行情報をtxtファイルでダウンロードできます。

  • 拡大アイコン:トランザクションの要約情報とダイアグラムを非表示にし、テーブル一覧のみを確認できます。 縮小アイコンボタンをクリックすると、隠された情報を再表示します。 テーブル一覧が長い場合は、この機能を利用すると便利です。

  • SQLステップを選択すると、パラメータを照会できるSQL画面が表示されます。 詳細については、次の文書を参照してください。

レコード要約

レコード要約

トランザクションの基本情報を確認するには、レコード要約タブを選択します。 トランザクションの基本情報およびそのトランザクションが実行されたエージェント関連情報、メモリ割り当て使用量、クライアント関連情報を確認できます。

トランザクション属性

分類プロパティ説明
エージェントエージェント名(oname)エージェントオブジェクト名
エージェントID(oid)エージェントオブジェクトID
エージェントグループ名okindオプションで設定されたエージェントグループ名
エージェントグループIDエージェントグループID
エージェントサーバー名ondoeオプションで設定したエージェント サーバー名
エージェントサーバーIDエージェントサーバID
プロジェクトコードWhaTapモニタリングサービスに登録したプロジェクトの識別コード
トランザクションTXIDトランザクションID
開始時間トランザクション開始時刻
終了時間トランザクション終了時刻
経過時間トランザクション実行時間
HTTPメソッドHTTPメソッド - GET、POST、PUT、HEAD など
HTTPコール時間外部HTTP Call時間
HTTPコール件数外部HTTP Call件数
DBコネクション時間DBと接続された時間
SQL時間SQL実行時間
SQL件数SQL実行件数
SQLパッチ時間レコード照会にかかった時間
(重畳が発生したり、他のロジックが含まれる場合がある)
SQLフェッチ数SQLでデータを検索したレコード件数
マルチトランザクションマルチTXIDマルチTXID
Caller URL親トランザクションのトランザクションアドレス
Caller Pcode親トランザクションが収集されたプロジェクトコード
Caller Oid親トランザクションのエージェントオブジェクトID
Caller OName親トランザクションのエージェント名
Caller Okind親トランザクションのエージェントグループID
Caller Okind Name親トランザクションのエージェントグループ名
リソースCPU使用時間トランザクションが使用したCPU使用量
メモリ割当量トランザクションが使用したメモリ使用量
クライアントクライアントIPアドレスクライアントのIPアドレス
ドメインクライアントが接続したIPアドレスに指定されたインターネットアドレス
WClientIDクライアントのID
国/地域クライアントの国情報
都市クライアントの都市情報
OSブラウザが実行されるOS環境
クライアントタイプクライアントが利用したブラウザの種類
クライアント名クライアントが利用したデバイス名
ステータスクライアントからのリクエストに対するHTTPステータスコード
リファラークライアントがブラウザから以前に利用したページアドレスまたは流入経路
原本URL/TXトランザクション名と原本URLの組み合わせデータ
原本URLがある場合は原本URL表示、原本URLがない場合はトランザクションを表示
ユーザーエージェントクライアント関連情報の抽出に利用するブラウザ情報
ノート
  • アプリケーションの種類や設定、ステップの種類によって収集する情報は異なる場合があります。

  • WhaTapは、クライアントに関する情報をデフォルトで保存します。 ユーザーデータの収集に関するエージェント設定の詳細については、次の文書を参照してください。

ツリービュー

トランザクションの実行過程をツリー形式で確認するには、ツリービュータブを選択してください。 各トランザクションとそれに属するトレースの詳細、トレースの開始時間と所要時間、呼び出し関係を確認できます。 ダイアグラムの各区間を選択すると、そのステップが位置するツリービューに移動します。

ツリービュー

  • 一行:各区間別の遂行情報に表示されたテキストを一行で表示して、ツリー形式を簡易に整理することができます。

  • 複数行:各区間別の遂行情報に表示されたテキストを改行してすべて表示します。

  • 最長経路:最長の経路で移動できます。

  • チャートアイコン タイムバーの表示:経過時間を棒チャートで表示します。

  • 時間アイコン 時間を表示する:各区間別のタイムスタンプ、ギャップ、経過時間をテキスト形式で表示します。

    • 8秒以上:超過した状態で赤色で表現します。

    • 3秒以上8秒未満:遅延状態でオレンジで表現します。

    • 3秒未満:正常な状態で青色で表示します。

  • 非表示アイコン 時間を表示しない:時間情報を非表示にします。

  • 拡大アイコン:トランザクションの要約情報とダイアグラムを非表示にし、ツリービューのみを確認できます。 縮小アイコンボタンをクリックすると、隠された情報を再表示します。 ツリービュー一覧が長い場合は、この機能を利用すると便利です。

  • ポップアップアイコン:SQL変数とHTTPクエリを照会できるウィンドウが表示されます。 詳細については、次の文書を参照してください。

ノート

開始および所要時間の場合、トランザクション呼び出し環境によって生じる時差を上位トランザクションのトレースやマッピングで修正および表示することで、実際に収集された時間データとの差異が生じる可能性があります。

アクティブスタック

アクティブスタック

アクティブスタックを収集した区間と時間、関連するクラス、メソッド情報を確認するには、アクティブスタックタブを選択します。

ノート
  • トランザクション一覧からアクティブスタックアイコンアイコンが表示された項目で確認できます。

  • アクティブスタックの詳細については、次の文書を参照してください。

マルチトランザクション

マルチトランザクションとは、他のエージェントやプロジェクトに関連付けられたトランザクションを意味します。 マルチTXタブでは、WhaTapモニタリングサービスに登録したアプリケーション間の呼び出し関係を確認できます。

Tips

マルチトランザクションを追跡するには、管理 > エージェント設定メニューでmtrace_enabledオプションをtrueに設定します。 エージェント設定の詳細については、次の文書を参照してください。

マルチトランザクション

  • チャート:各トランザクションの呼び出し関係をフローチャート形式で提供します。 トランザクションノードを選択すると、そのトランザクションノードのトレース分析情報を確認できます。 チャートモードではマウスを利用して位置を移動したり、スクロールして拡大または縮小できます。

    • 設定アイコンチャートビュー設定:チャートに表示するアイテムを表示または非表示します。
  • :テーブル形式で、マルチトランザクション内の各トランザクションごとの情報を確認できます。 カラムアイコンカラム選択アイコンを選択して、テーブルヘッダーカラムを編集できます。 各トランザクション項目を選択すると、トレース分析情報を確認できます。

  • ツリー:ツリー形式でトランザクション間の呼び出し関係を把握できます。 関連した付加機能は、ツリービュータブの機能と同じです。

  • フィルターアイコンプロジェクト選択:チャートに表示されるプロジェクトを選択または解除できます。

ノート
  • トランザクション一覧からマルチトランザクションアイコンアイコンがある項目で確認できます。

  • マルチトランザクションの詳細については、次の文書を参照してください。

メソッド要約

メソッド要約

メソッド情報のみを確認するには、メソッド要約タブを選択しますて。 エージェントに追跡が設定されたメソッド名と所要時間を表示します。 不要なロジックが繰り返し実行される場合、低い件数に比べて実行時間が長くかかる場合を把握し、メソッドロジック改善のための分析情報として活用できます。

ノート

メソッド(method)と関連するエージェント設定オプションの詳細については、次の文書を参照してください。 ご利用中の製品によって、メソッド追跡サポートの可否は異なる場合があります。

SQL要約

SQL要約

SQL文についての情報を確認するには、SQL要約タブを選択します。 不要に繰り返し実行される場合、低い件数に比べて実行時間が長くかかる場合を把握し、クエリ性能改善のための分析情報として活用できます。

HTTPコール要約

HTTPコール要約

HTTP呼び出しのリクエスト件数、合計時間、平均時間などを確認するには、HTTPコール要約タブを選択します。 不要な外部への呼び出しが繰り返して実行される場合や、低い件数だが比較的に実行時間が長くかかる場合などを把握するなど、トランザクションの遅延要因が外部か内部かを分析する情報として活用できます。

TXログ

トランザクションに関するログ情報を確認するには、TXログタブを選択してください。

トランザクションログ

  • キーワード検索:キーワード検索欄に検索したいテキストを入力し、エンターキーを入力したり、検索アイコンボタンを選択してください。 入力したテキストと一致するキーワードをハイライト表示します。

  • ハイライトアイコンキーワードハイライト:キーワードと色を設定すると、自動的にログ一覧でキーワードと一致するテキストをハイライト表示します。

  • 設定アイコンテーブル設定:ログ一覧テーブルのヘッダーカラムを設定できます。

ノート
  • TXログタブを有効にするには、ログに関連するエージェント設定オプションを適用する必要があります。 ログ設定の詳細については、次の文書を参照してください。

  • TXログタブはログ読取り権限を持つメンバーのみ進入できます。 メンバー権限の詳細については、次の文書を参照してください。

キーワードハイライト設定する

  1. ハイライト表示するキーワードを追加するにはハイライトアイコンボタンを選択してください。

    キーワード·ハイライト

  2. ご希望のキーワードを入力してください。

  3. 色アイコンを選択し、ご希望の色を選択してください。

  4. エンターを入力してください。

追加したキーワードが一覧に作成されます。

キーワードハイライト削除する

ハイライト一覧から利用しない項目を削除するには、削除アイコンボタンを選択してください。

テーブルカラムの表示・非表示

  1. テーブル右上の 設定アイコンボタンを選択してください。

  2. ドロップダウンメニューからカラム設定を選択します。

  3. カラム設定 ウィンドウが表示されたら カラム追加 セクションでお探しの項目を選択するか、選択を解除してください。

  4. すべての設定を完了して閉じるアイコンボタンを選択します。

設定した内容がテーブルに適用されます。

テーブルカラムの順序付け

  1. テーブル右上の 設定アイコンボタンを選択してください。

  2. ドロップダウンメニューからカラム設定を選択します。

  3. カラム設定 画面が表示されたら カラム順序設定 セクションでお探しの項目をドラッグして順序を変更します。

  4. すべての設定を完了して閉じるアイコンボタンを選択します。

設定した内容がテーブルに適用されます。

テーブルコンテンツの表示設定

  1. テーブル右上の 設定アイコンボタンを選択してください。

  2. ドロップダウンメニューからテーブルのコンテンツ設定を選択してください。

  3. 次のオプションを設定してください。

    • コンテンツ表示有無:テーブル一覧に表示するコンテンツの表示有無を選択してください。

    • タグ管理:テーブル一覧に表示したいタグを選択できます。 見えないように設定したり、手順を変更したりできます。

  4. すべての設定を完了して閉じるアイコンボタンを選択します。

設定した内容がテーブルに適用されます。

付加機能

HTTPパラメータ照会

テーブルビュー タブでそのトランザクションのHTTPパラメータを照会することができます。

  1. ページの下にスクロールして、トランザクションの実行の最後のステップに移動してください。

  2. ロックアイコン HTTPパラメータ項目を選択してください。

  3. HTTP-PARAMETERSウィンドウが表示されると パスワード ボタンを選択してください。

  4. 設定したParam Keyを入力してください。

隠されたパラメータを確認することができます。

ノート
  • HTTPパラメータに関するエージェント設定は、次の文書を参考にしてください。

  • パスワード:復号化されたパラメータの値を確認できます。 パスワードはWHATAP_HOME/security.conf (paramkey.txt)ファイル内の6桁の文字列です。 別の文字列に変更できます。 SQL変数の照会、HTTPクエリの照会、Threadの中止に必要です。

  • エージェントのバージョンによっては、パスワード設定ファイルが異なる場合があります。 security.confファイルまたはparamkey.txtファイル内の文字列を変更します。

SQLパラメータ照会

テーブルビュータブでSQLステップを選択したりツリービュータブでポップアップアイコンボタンを選択してください。 パラメータを照会できるSQLウィンドウが表示されます。

SQL

  • パスワード:復号化されたパラメータの値を確認できます。 パスワードは*WHATAP_HOME/paramkey.txt*ファイル内の6桁の文字列です。 別の文字列に変更できます。

    ノート

    paramkey.txt内のキーは、SQL変数の検索、HTTPクエリの検索、Threadの停止に必要です。

  • SQLフォーマット:SQL文をインデント、フォーマット化して可読性を高めることができます。

  • コピーアイコン:SQL文章をクリップボードにコピーできます。

  • 統計: 統計 > SQLメニューに移動します。

Tips

SQL変数とHTTPクエリを照会するには、次のオプションをエージェント設定に追加してください。 DB、SQLに関するエージェント設定の詳細は次の文書を参照してください。

whatap.conf
# SQLパラメータ照会オプション:オプションが適用されるとSQLパラメータを暗号化して収集します。
profile_sql_param_enabled=true

# HTTPパラメータ照会オプション: オプションが適用されると、HTTPクエリパラメータを暗号化して収集します。
profile_http_parameter_enabled=true

テーブルカラムの設定

トランザクション一覧でテーブルヘッダーカラムを非表示にしたり、希望する項目を追加できます。 カラムの順序を変更することもできます。 カラムアイコン カラム設定ボタンを選択します。

カラム設定

ノート
  • 設定を完了した後は、確認ボタンを選択すると、設定事項がテーブルに反映されます。

  • 数字3検索欄にテキストを入力して、希望するカラム項目を検索することができます。 入力したテキストと一致するカラム項目が表示されます。

カラムを追加する

数字1一覧でテーブルヘッダーカラムに追加する項目を選択してください。 すべての項目を追加するには、すべて選択を選択します。

カラムを削除する

数字1一覧で削除するカラム項目のチェックボックスを選択解除してください。 または数字2一覧で削除する項目の右側の削除アイコンボタンを選択してください。

カラム順序の変更

数字2一覧で順序を変更するアイテムをドラッグして、希望する位置に移動できます。

設定事項の初期化

変更事項をすべてキャンセルし、初期化するには、初期化アイコン 初期化ボタンを選択します。

照会データのダウンロード

テーブルに出力されたデータをtxtファイル形式でダウンロードするにはダウンロードアイコンTXTボタンを選択します。