本文へスキップ

コンテナ警告通知

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 警告通知 > イベント設定 > コンテナタブ選択

コンテナのリソース使用量や進行中のトランザクション、エラー状況のイベント条件でアラート通知を送信します。

イベント設定 - コンテナ

基本オプション

以下は、各項目ごとに設定できる基本オプションです。

  • エージェント非活性警告

    設定した時間にエージェントからデータが受信できない場合は、アラート通知を送信します。トグルボタンを選択して、機能をオンまたは、オフにすることができます。

  • イベント状態が解決されたら追加で通知する

    アプリケーションイベントの項目で発生したイベントの状態が解決されると追加通知の送信有無が選択できます。トグルボタンを選択して機能をオンまたは、オフにすることができます。

  • エージェント重複イベント

    モニタリング中のエージェントの中で、同じIDを設定したエージェントが2つ以上あり、メトリクスデータが重複で収集される場合発生するアラート通知です。同じエージェント名が設定されていないかエージェント設定から関連オプションを確認してください。青/緑などのデプロイ状況でエージェントが重複してアラート通知が発生した場合、この機能を利用することをお勧めします。同じ名前のエージェントが同時に2つ以上起動した場合、選択した時間の間には通知を受け取りません。

  • 条件

    指示線1条件は警告(Warning)レベル、指示線2条件は危機(Critical)レベルです。

  • 指示線3 続行

    選択した時間にイベント条件が続く場合に通知を送信します。

  • 指示線4 ミュート

    通知を送信した後、選択した時間に同じ通知を送信しません。

  • 指示線5On / Off

    トグルボタンを選択して発生するイベントをオンまたは、オフにすることができます。

項目別イベント設定

次のイベント項目を設定できます。

  • サーバーCPU, サーバーメモリ, サーバーディスク

    各項目の使用量が設定した条件(%)に設定した基準値に達すると通知を送信します。

  • アクティブTX

    アクティブトランザクションの発生件数が条件()に設定したしきい値を超える場合は、通知を送信します。発生件数の既定値は100個です。

  • トランザクションエラー

    正常に実行されていないトランザクションを意味します。エラー件数が条件()に設定した基準値を超えた状態を継続すると通知を送信します。収集周期は5秒です。

  • TX応答時間

    トランザクションが終了した時間を確認します。例えば、10秒の応答時間しきい値を超えるトランザクションの10個を超え、この状態が5秒間続行すると通知を送信します。