本文へスキップ

ラボラトリー

ユーザーに新しい機能や実験的な機能を提供するメニューです。 サイドメニューの実�験室アイコン 実験室メニューまたはサイトマップメニューにてアクセスできます。 商品によって提供する機能が異なる場合があります。

注意

実験室メニューの機能は現在開発中のベータ版であり、予期しないエラーが発生する可能性があります。 実験室メニューの機能を使用する際は注意を払い、重要なデータや運営環境では使用することをお勧めしません。 フィードバックや問題点が発生したら、サポートチーム(support@whatap.io)までお問い合わせください。

  • MXQL Data

    MXQLは、WhaTapの性能データ(メトリクス)を柔軟に検索するためのクエリ言語です。 プロジェクトに含まれる複数のエージェントから収集したメトリクスを総合的に表示および利用するために使用します。 MXQLについての詳細は 次の文書を参照してください。

  • Collection Map

    JVMに指定されたクラス(Class)が使用しているCollection(例、java.util.Map)に関する情報を提供します。 この機能を使用するには、次のエージェントオプションを追加してください。

    whatap.conf
    collection_nonstatic_holders=io.home.test.baseapp.app.post.web.PostResource
    ノート

    この機能はJavaエージェント2.1.2バージョン 以降から対応します。

  • 外部コールステータス

    アプリケーションエージェントの設定により、各モニタリング対象ごとの外部(remote) 呼び出しに対する成功/失敗の有無を記録したログを視覚化して提供します。

    ノート

    この機能を利用するには、次のオプションをエージェント設定(whatap.conf)ファイルに追加するか、管理 > エージェント設定メニューに追加します。

    whatap.conf
    logsink_rt_enabled=true
    logsink_enabled=true
  • 通知メッセージ

    プロジェクトメンバーにメールまたはサードパーティープラグインを通じて伝える、アラート通知メッセージを修正できるユーザー定義機能を提供します。 詳細については、次の文書を参照にしてください。

Tips

サイドメニューで実験室アイコン 実験室メニューが見えなかったらサイトマップでアクセスできます。

サイトマップ

サイドメニューの下にサイトマップアイコンボタンを選択します。 サイトマップ画面が表示されたら、右下の実験室セクションで希望するメニューを選択します。