本文へスキップ

エージェントのインストール

WhaTapモニタリングサービスを使用するには、会員登録後にプロジェクトを作成し、対象サーバーにエージェントをインストールする必要があります。会員登録に関する詳細については、次の文書を参照してください。

次の動画ガイドを参照してください。

プロジェクト作成

エージェントをインストールする前にプロジェクトを作成してください。

  1. WhaTapモニタリングサービスに移動し、ログインします。

  2. プロジェクトを作成するには、画面左サイドメニューからプロジェクト全体 > + Projectボタンを選択してください。

  3. 商品選択 画面でプロジェクトにインストールする製品を選択してください。

  4. プロジェクト名, データサーバーリージョン, プロジェクトタイムゾーン項目を順番に設定してください。

    プロジェクトの生成

  5. 通知言語の設定で、警告通知メッセージの言語を選択してください。

  6. すべての設定を完了した後は プロジェクトを作成する ボタンを選択してください。

ノート
  • データサーバーリージョンは、リージョン(クラウドサービスを提供するためにインストールしたデータセンターのグループ)を意味します。特定のリージョンを選択すると、そのリージョンに所属するデータセンターにユーザーのデータが保存されます。

  • プロジェクトタイムゾーンは通知とレポートを生成する基準時間です。

  • 複数のプロジェクトをグループで管理する場合は、プロジェクトグループからグループを選択するか、グループを追加してください。 グループの詳細については、次の文書を参照してください。

  • 組織を選択してプロジェクトを追加する場合は、組織下位のグループを必須に設定する必要があります。

アクセスキーの確認

アクセスキーは、WhaTapサービスを有効にするための固有IDです。

インストール手順セクションでプロジェクトアクセスキーの発行ボタンをクリックします。 アクセスキーを自動的に発行した後、次のステップを進みます。

ノート

プロジェクトを作成すると、自動的にエージェントインストールページに移動します。 エージェントインストールページが移動しない場合は、画面左側のメニューから管理 > エージェントインストールを選択してください。

エージェントダウンロード

アクセスキーが発行されると、エージェントダウンロドセクションでダウンロードボタンがアクティブになります。

  1. ダウンロードボタンを選択してから、WhaTapエージェントファイルをダウンロードしてください。

    Tips

    次のコマンドを使用して、サーバーから直接にダウンロードすることもできます。

    wget https://service.whatap.io/agent/whatap.agent.java.tar.gz
  2. モニタリング対象サーバーに接続してください。

  3. 目的のモニタリング対象サーバーのパスにエージェントファイルを圧縮して解凍してください。圧縮を解凍したパスは$WHATAP_HOMEになります。

    tar -zxvf whatap.agent.java.tar.gz

エージェントのインストールファイルを構成

エージェントファイルは、アプリケーションモニタリングに必要な情報を抽出し、WhaTap収集サーバーに送信するトレーサーとトレーサーがデータを送信するのに役立つ要素で構成されています。

  • whatap.conf

    モニタリングエージェントの構成情報、アクセスキー、WhaTapデータ収集サーバーのIP情報などを保存する設定ファイルです。詳細については、次の文書を参照してください。

  • ping.sh(bat)

    現在設定しているアクセスキーで、WhaTapデータ収集サーバーと通信を行い、設定やネットワークに問題がないか確認するためのスクリプト(バッチ)ファイルです。

  • proxy.sh(bat)

    _whatap.agent.proxy-X.Y.Z.jar_ファイルを開始するためのスクリプト(バッチ) ファイルです。

  • resmon.sh(bat)

    CPU、Memory、Disk情報が正しく収集しているかを確認するためのスクリプト(バッチ) ファイルです。

  • whatap-logsink-lz4-X.Y.Z.jar

    アプリケーションサーバのログ情報を収集するためのplugin形式のファイルです。

  • whatap.agent-X.Y.Z.jar

    アプリケーションサーバーの各種モニタリング情報を収集および収集サーバーに送信するモニタリングエージェントのファイルです。

  • whatap.agent.proxy-X.Y.Z.jar

    アプリケーションサーバーが稼働しているサーバーからWhaTap収集サーバーに直接接続ができない場合、その間のProxyサーバー(経由サーバー)で経由する役割を果たすアプリケーションです。

whatap.confファイルを設定する

基本情報を入力する

圧縮を解いた$WHATAP_HOMEパスに移動してください。_$WHATAP_HOME/whatap.conf_ファイルにアクセスキーとデータ収集サーバーのIPアドレスを入力してください。WhaTapモニタリングサービス画面に移動しインストールの案内セクションのエージェントダウンロド項目からアクセスキー収集サーバIPアドレス値をコピーして貼り付けてください。

license={アクセスキー}
whatap.server.host={収集サーバーIP}
ノート

_whantap.conf_ファイルの詳細については、次の文書を参照してください。

セキュリティキーの設定

SQL変数、HTTPクエリを検索、Thread停止機能を使用する場合は、セキュリティキーを設定してください。

  • Javaエージェント2.2.2バージョン以降

    $WHATAP_HOMEパスにsecurity.confファイルを作成した後、次のように 6桁の英数字のパスワードを入力してください。

    security.conf
    paramkey=ABCDEF # SQL変数およびHTTPクエリの検索
    threadkill=ABCDEF # Thread停止機能
  • Javaエージェント2.2.2バージョン未満

    $WHATAP_HOMEパスにparamkey.txtファイルを作成した後、次のように 6桁の英数字のパスワードを入力してください。

    paramkey.txt
    ABCDEF # SQL変数およびHTTPクエリの検索、スレッド停止機能
Tips

Javaエージェント 2.2.2 のバージョン未満から2.2.2バージョンにアップデートする場合、既存のparamkey.txtファイルのキー値が security.confファイルのキー値に自動的に適用されます。例えば、paramkey.txtFEDCBAを使用して、バージョン2.2.2にアップデートした場合、security.confファイルには次のように適用されます。

paramkey=FEDCBA
threadkill=FEDCBA

paramkey.txtファイルが存在しない場合、security.confファイルのキー値は、WHATAPというキー値で自動的に生成されます。

ノート
  • SQLパラメータ情報の記録に関するエージェント設定は、次の文書をご参照ください。

  • HTTPパラメータ情報の記録に関するエージェント設定は、次の文書をご参照ください。

JVMオプション追加

使用するアプリケーションサーバー環境に応じて、以下の設定を行います。エージェントをインストールして適用する前に 動作環境を確認してください。

Tomcat

WhaTapモニタリングソリューションをTomcatアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、Tomcatアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とTomcatとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

JBoss

WhaTapモニタリングソリューションをJBossアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、JBossアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とJBossとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

JEUS

WhaTapモニタリングソリューションをJEUSアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、JEUSアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とJEUSとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

WebLogic

WhaTapモニタリングソリューションをWebLogicアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、WebLogicアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とWebLogicとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

WebSphere

WhaTapモニタリングソリューションをWebSphereアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、WebSphereアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とWebSphereとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Resin

WhaTapモニタリングソリューションをResinアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、Resinアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とResinとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Liberty

WhaTapモニタリングソリューションをLibertyアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、Libertyアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とLibertyとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Jetty

WhaTapモニタリングソリューションをJettyアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、Jettyアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とJettyとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Spring Boot

WhaTapモニタリングソリューションをSpring Bootアプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、Spring Bootアプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とSpring Bootとの円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Play2

WhaTapモニタリングソリューションをPlay2アプリケーションに統合するためのJVM(Java Virtual Machine) オプションの追加方法についての詳細な案内を提供します。ユーザーは本文書を通じて、Javaエージェントのインストール後、Play2アプリケーションの性能および可用性モニタリングのために必要なJVM設定を適用する方法を段階別に確認することができます。エージェントのインストール過程の中で必須JVMオプションの構成とPlay2との円滑な統合のための最適な設定方法、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

IBM BlueMix

IBM BluemixクラウドプラットフォームでJavaアプリケーションを実行するユーザーが、WhaTapのJavaモニタリングエージェントを効果的に適用するためのJVMオプションを設定する方法についてご案内します。ユーザーはこの文書を通じてIBM Bluemix環境でWhaTapのJavaエージェントをインストールしてからエージェントを構成する過程、必要なJVMオプションの追加方法を段階別に確認することができます。さらに、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Elastic Beanstalk

AWS Elastic Beanstalk環境でJavaアプリケーションを実行するユーザーが、WhaTapのJavaモニタリングエージェントを効果的に適用するためのJVMオプションを設定する方法を案内します。Elastic Beanstalkに合わせたWhaTap Javaエージェントのインストールと構成過程、必須JVMオプションの追加及び設定方法を確認することができます。 さらに、ヒストグラムの照会方法が含まれています。

Docker

ドッカー(Docker)環境でJavaアプリケーションにWhaTap Javaモニタリングエージェントを適用する方法を段階別に案内します。ユーザーは、既存のDockerのイメージにWhaTap Javaエージェント設定を追加して新しいイメージをビルドする過程、whatap.confファイルの作成、Dockerfileの作成、JAVA_OPTの修正方法などを確認することができます。また、Java 17以降のバージョンで必要な追加JVMオプションと様々なJavaバージョンによるヒストグラムの照会設定方法も提供します。

バッチアプリケーション

WhaTapのJavaエージェントをバッチアプリケーションに適用する方法を案内します。バッチアプリケーションの独特な開始をはじめ中止の繰り返し動作によるウェブアプリケーションとの違いを説明し、必要なエージェントのダウンロード、エージェントとバッチホストの構成、エージェントと一緒にバッチ作業の実行、time_limit設定などを通じた実行時間のモニタリング方法を提供します。