本文へスキップ

分析

アプリケーション環境を様々な観点から分析できるメニューを提供します。 負荷が高かったり性能が低下した区間を把握することができ、多様な性能指標を提供して日別現況を確認することができます。 また、性能測定のためのトランザクションを追跡・分析できます。

WhaTapが提供する分析機能により、主な性能を分析し、問題を把握することで、発生する可能性のある障害に対応することができます。

日別APP現況

アプリケーションの主な性能指標の1日の推移を時間単位チャートで確認することができます。 詳細については、次の文書を参照してください。

性能推移

特定期間のアプリケーションの主な性能指標の推移をチャートを通じて負荷が高かったり、性能が低下した区間を素早く把握することができ、問題になった時点を特定することができます。 詳細については、次の文書を参考してください。

メトリックスチャート

視覚化されたチャートにより、メトリクスデータを照会できます。 詳細については、次の文書を参考してください。

メトリックス照会

カテゴリ化されたアプリケーションの性能指標をタグとフィールドベースで構成されたデータで照会することができます。 詳細については、次の文書を参考してください。

スタック

トランザクションのスタック情報を収集し、実行中のメソッドの使用量の統計と、多く使用されるスタックに関する統計を提供します。 実行中のトランザクションのスタック情報により、長時間実行されているメソッドや、短時間実行されながら頻繁に実行されるメソッドを特定できます。 詳細については、次の文書を参考してください。

キューブ

5分単位で作成された性能統計をキューブと呼びます。 事後分析のための統計分析ツールで、応答時間やエラー件数、処理量などが高い時間帯を特定できるため、同時間帯の問題要素を把握したり、サービス状況をモニタリングしたりすることができます。 トラフィックの地理的分布、リソース使用量を把握できます。 詳細については、次の文書を参照してください。

ヒットマップ

時間の経過とともに、ユーザーのリクエストに対する応答時間を分布図の形で表現したチャートを提供します。 分布図チャートの形態によってどのような障害が発生したかを特定するのに役立ちます。 詳細については、次の文書を参照してください。

マルチTX追跡

他のエージェントやプロジェクトに関連するトランザクション間の呼び出しを追跡します。 システム内またはシステム間で発生するさまざまな呼び出し関係を一目で確認でき、どのような問題が発生したかを識別して改善できるようにトランザクションとトレース情報を提供します。 詳細については、次の文書を参考してください。

TX検索

特定の期間中の各トランザクションの性能属性に関する統計と実行状態を検索できます。 すべてのトランザクションを確認し、正常やエラー状態をすばやく確認できます。 提供される情報を通じて、どのようなトランザクションの使用量が多く、リソースを多く消費しているかがわかります。 トランザクションの属性に応じて様々なフィルタリングが可能で、特定の条件のトランザクションを見つけるのに役立ちます。 詳細については、次の文書を参照してください。