本文へスキップ

統計

ホーム画面> プロジェクト選択> 統計

WhaTapモニタリングサービスのメイン画面でプロジェクトを選択し統計の下位メニューを選択してください。WhaTapエージェントは、トランザクション情報やSQLなどの主要なトレース情報について統計情報を収集します。5分ごとに一覧を作成してサーバーに送信します。

  • 統計タブは、合計最大および平均時間および件数による並べ替えオプションを提供し、任意の視点から上位リストを表示することができます。

  • カラム設定ボタンを通じて既定値の他に一覧内で照会するカラムを追加または除外できます。

  • 統計リストで詳細を見るアイコン 詳細アイコンを選択すると、件数と平均時間チャートを確認することができます。エージェント間の件数とエラー件数の比較、リスポンスタイムの比較チャートを追加で提供します。そのチャートで照会を希望する時点を選択するとTX検索メニューに移動します。

  • 統計リストでTボタンを選択すると トップスタックURLメニューに移動します。

  • 統計リストでUボタンを選択するとユニークスタックURLメニューに移動します。

ノート

最大31日間のデータを照会できます。ただし、クライアントIPメニューでは最大7日間のデータを照会することができます。

TX統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > トランザクション

トランザクション統計を収集します。5分ごとに最大5,000個のURLごとの実行統計を収集してサーバーに送信します。異なるURLの数が5分間で5,000個を超えた場合は無視されます。

カラム説明
TXトランザクションアドレス
実行件数
エラー実行されたトランザクションのエラー発生件数
平均時間 (ms)応答時間の合計の平均
合計時間 (ms)応答時間の合計
最大時間 (ms)最大応答時間
平均CPU使用時間CPU使用時間の平均
HTTPコール件数HTTP Call件数
平均HTTP呼出し時間 (ms)HTTP Call時間の合計の平均
SQL件数SQLの実行件数
平均SQL時間 (ms)平均SQL実行時間
SQLフェッチSQLパッチ件数
平均SQLフェッチ時間 (ms)SQLフェッチ時間の合計の平均
ノート

平均メモリ割当量は、エージェント設定(whatap.conf)でtrace_malloc_enabled=trueオプションを設定しないと収集できません。既定値はfalseです。

トランザクションドメイン統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > ドメイン

WhaTapエージェントは、ドメインごとのトランザクション統計を収集できます。1台のサーバーに複数のドメインを個別にサービスを提供するシステムでは、ドメインごとの分析が必要になる場合があります。次のオプションを設定してください。

whatap.conf
stat_domain_enabled=true

収集されるデータは、ドメイン別のURLの処理状況を把握するために使用できます。

カラム説明
ドメインサービスドメイン
TXトランザクションアドレス
実行件数
エラー実行されたトランザクションのエラー発生件数
平均時間(ミリ秒)応答時間の合計の平均

TX Caller統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > Caller

マルチサーバーがrestコールに接続されるとCallerCallee間の関連付けられた統計を収集できます。このデータを収集するには、次のオプションを設定してください。

whatap.conf
mtrace_rate=100
mtrace_spec=v1
stat_mtrace_enabled=true

msa-system

上記のアーキテクチャでは、Caller & Calleeの統計情報は、api1、api2のみ表示することができます。ユーザーのブラウザから呼び出されるシステムでは、Caller統計を表示できません。

ただし、Caller側のサーバーからデータを送信する必要があるため、すべてのサーバーに適切な設定を行う必要があります。

whatap.conf of [front]
mtrace_rate=100
mtrace_spec=v1
stat_mtrace_enabled=true
whatap.conf of [api1] & [api2]
mtrace_spec=v1
stat_mtrace_enabled=true

収集される統計データは次のとおりです。Callee側で参照する必要があります。

カラム説明
CallerプロジェクトコードCallerに対応するプロジェクトコード
Callerエージェントの種類Callerに対応するエージェントが属するグループの単位
Caller URLCallerトランザクションのトランザクションアドレス
TXCalleeトランザクションアドレス
実行件数
エラー実行されたトランザクションのエラー発生件数
平均時間(ミリ秒)応答時間の合計の平均

トランザクションReferer統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > リファラー

WhaTapエージェントは、Refererごとにトランザクション統計を収集できます。次のオプションを設定してください。

whatap.conf
stat_referer_enabled=true

収集されたデータは、Refer情報の統計を使用して確認できます。

カラム説明
リファラーRefererアドレス
TXトランザクションアドレス
実行件数
エラー実行されたトランザクションのエラー発生件数
平均時間(ミリ秒)応答時間の合計の平均

エラー統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > エラー

5分間に発生したサービスエラーに関する統計です。異なるエラーとトランザクション名をキーとして発生件数を収集します。エラー発生時点のスタックを提供します。5分あたり最大1,000個の異なるエラーを統計化します。

カラム説明
クラスエラークラス
TXトランザクションアドレス
メッセージエラーメッセージ
エラー発生件数

SQL実行統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > SQL

5分間のSQL性能統計を収集します。5分間に異なるSQL文が最大5,000まで許可されます。Javaプロセスで制限を超えるSQLを検出すると、そのSQLは統計データから破棄されます。

カラム説明
データベースデータベース種類
SQLSQLクエリ文
TXSQLを呼び出したURLのいずれかを任意に収集した情報
CRUDCreate, Read, Update, Delete
全体件数クエリ実行件数
エラー件数実行されたクエリのエラー発生件数
平均時間 (ms)クエリ実行時間の合計の平均
合計時間 (ms)クエリ実行時間の合計
標準偏差クエリ実行時間の標準偏差
情報

TXは、5分間、SQLを呼び出したURL(最後の呼び出しURL)を分析利用のため収集します。

HTTP Call性能統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > リモートHTTP呼出

HTTPおよびHTTPSプロトコルを使用して、5分間のアプリケーション外部呼び出し統計を収集します。5分間、異なるHttp Call文章は最大5,000まで許可します。1つのアプリケーションプロセスで制限を超えた外部Http Callが発生する場合、統計データは捨てられます。

カラム説明
HTTP呼び出しURLHTTP呼び出しURLハッシュ(hash)
TXHTTP APIをリクエストしたURLのいずれかを任意に収集した情報
ホストHostまたはIPアドレス
ポートTCPポート
合計すべての実行件数
エラーエラー発生件数
平均時間(ミリ秒)応答時間の合計の平均
時間合計(ミリ秒)応答時間の合計
最小時間(ミリ秒)最小応答時間
最大時間(ミリ秒)最大応答時間

クライアントIPリージョン別の呼び出し件数

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > クライアントIP

サーバーとクライアントの物理的距離は、データ送信時間に比例します。クライアントIPのリージョン別の呼び出し件数を統計的に収集します。5分当たりに収集できる異なるIP数は、インスタンスあたり最大70,000個です。

カラム説明
クライアントIPアドレスクライアントのIPアドレス
国/地域ユーザーの接続リージョン
都市ユーザー接続都市
全体呼び出し件数
ノート
  • クライアントIPに関するデータは、最大7日間のデータを照会できます。

  • WhaTapは、クライアントに関する情報をデフォルトで保存します。ユーザーデータの収集に関するエージェント設定の詳細については、次の文書を参考にしてください。

リージョン別の稼働率チャート

稼働率チャートは、ユーザーの接続場所を国と都市別で収集され表示します。

  • 国のエリアを選択すると、その国の都市と接続されているユーザーのIPなどを確認できる詳細なチャートに移動します。
  • 中心円を選択すると、既存の国のエリア選択チャートに戻ります。

ユーザエージェント別の呼び出し件数

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > ユーザーエージェント

ユーザーエージェント文字列のHashごとに呼び出し件数を収集します。5分ごとに収集できる異なるUser Agent Hashはインスタンス当たり最大500個です。

カラム説明
ユーザーエージェントブラウザのユーザーエージェント情報
OSブラウザが実行されるOS環境
WEBブラウサブラウザの種類
収集された全体件数

クライアントブラウザ統計

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 統計 > クライアントブラウザー

ユーザーエージェントの文字列を分析して、エンドユーザーが使用するブラウザーの種類、OS基準で集計した統計情報を提供します。収集した統計情報に基づいて作成されたパイチャートを通じて占有比重を確認することができます。

カラム説明
ユーザーエージェントブラウザのユーザーエージェント情報
OSブラウザが実行されるOS環境
WEBブラウサブラウザの種類
収集された全体件数