本文へスキップ

メトリクスチャート

ホーム画面 > プロジェクト選択 > 分析 > メトリクスチャート

メトリクスチャートメニューでは、モニタリング対象から収集されたメトリクスデータを次のようにチャートで照会できます。時間と指標の指定が必須です。

メトリクスチャート

上段オプション

number 1領域のメトリクスチャートの上段オプションからチャートの時間範囲とモニタリング対象エージェントを指定できます。

  • 時間:時間の範囲でX軸の開始と終了を指定できます。

  • 間隔:時間間隔でX軸データの間隔を指定できます。

  • 時間マージ:データマージ方式の1つを選んで、インターバルで指定した時間のデータをマージできます。

    例)平均は、1時間のデータ平均値を意味します。

  • アイコン エージェント:照会するエージェントを指定できます。指定しない場合は、すべてを対象に照会します。

指標一覧

number 2領域は、オプションを検索する指標のリストです。まず、カテゴリを選択してください。 選択したカテゴリ位の指標を表示した後、目的の指標を選択してください。 カテゴリと指標を選択すると、number 1領域のトップメニューで指定した時間範囲のデータに基づいてnumber 3領域でチャートウィジェットを参照することができます。

ノート

データ結合

データのマージは、オブジェクトのマージ時間マージ方法を提供します。

  • 時間マージは、ソースデータからフィールド値が同じデータを一定の間隔でマージします。

  • オブジェクトのマージは、異なるフィールド値を持つデータの中からタグが一致する場合、そのデータをマージします。

チャートウィジェット

number 3領域のチャートウィジェットの左上で指標名を確認できます。チャートウィジェットの右上で次のオプションを確認できます。

メトリッチャートウィジェットの上位

  • タイムシフト:left-arrowleft-arrow左矢印または右矢印ボタンを使用して、選択した時間範囲だけ-1または、+1ずつ移動することができます。

    例えば、時間範囲が2月13日00:002月14日00:00の場合、left-arrow左矢印を選択すると、2月12日00:002月13日00:00までのデータが表示できます。

  • インターバル/時間のマージ:number 1トップメニューで指定したインターバルと時間のマージを修正できます。

  • モニタリング対象:モニタリング対象アイコンアイコンを選択して、モニタリング対象を指定できます。選択しない場合は、全体として表示されます。

  • 時間比較:時間比較アイコンアイコンを選択すると、同じ指標の以前の時間帯の推移を比較できます。

  • スナップショット:スナップショットアイコンアイコンを選択すると、ウィジェットのオプションを除くチャートのスナップショットを取得できます。

  • CSV:CSVダウンロードアイコンアイコンを選択して、チャートを描画したデータをCSVファイルとしてダウンロードできます。

  • 詳細詳細アイコンアイコンを選択して詳細を表示します。モニタリング対象が多く、モニタリング対象の指標推移を個別に確認できる場合に便利です。

ノート

メトリクスチャートウィジェットの上部にオプションが表示されない場合は、その他のアイコンアイコンを選択してください。

ウィジェットを削除する

画面に配置したすべてのウィジェットを削除するには、削除アイコン全体ウィジェットの削除ボタンを選択します。