本文へスキップ

マトリックス異常検出

ホーム画面 > プロジェクト選択 > メトリックス > メトリックス異常検出

さまざまなメトリクス指標のパターンをAIによって学習された予想パターンと比較できます。予想パターンから外れた異常検知をグラフチャートで確認できます。過去の履歴データに基づいて繰り返されるパターンを確認し、それらを使用して今後の指標値を予測できます。

ノート
  • 画面に配置したウィジェットは、別のメニューに移動しても保存されずに初期化します。

  • パターン分析と異常値検出機能を除くと分析 > メトリックスチャートメニューに似てます。

  • 異常検知(Anomaly Detection) アラート通知機能の技術的な根拠はメトリクス異常検知です。

ウィジェットを確認する

メトリクス異常検知

  • 数字1明るい色のグラフ領域は、AIによって分析した予想されるパターンです。

  • 数字2 青色グラフは、プロジェクトのメトリクス指標の推移です。

  • AIによって分析された予想パターンから外れるとオレンジ色と赤色のステップでグラフにドットが表示されます。予想されるパターンの範囲から大幅に外れた値を赤色として表示します。

ウィジェットを配置する

メトリクス異常検知

  1. 数字1 時間で、目的の時間間隔を設定してください。最大1か月間隔まで設定できます。

  2. 数字2 フィルターでメトリクス指標の範囲を選択します。

  3. 以下の一覧でモニタリングするメトリクス指標を選択します。

選択したメトリクス指標を画面の右側に配置します。

ノート
  • モニタリング対象を選択してメトリクス指標を区切って確認するには、数字2 タグを選択してください。画面右側にタグ選択リストが表示されます。目的の項目を選択し、ウィジェットを追加します。
  • 画面に配置したウィジェットは、時間またはタグ値を変更してもチャートに反映されません。
  • 画面に配置したウィジェットを削除するには、ウィジェット右上の削除アイコンボタンを選択します。
  • ウィジェットの左上を選択した状態でドラッグすると、ウィジェットの位置を変更できます。
  • ウィジェットの右下を選択した状態でドラッグすると、ウィジェットのサイズを変更できます。

関連メトリクスを確認する

メトリクス異常検知

ウィジェットでチャートの一部の領域をドラッグします。選択した領域で、該当メトリクス指標と関連する指標を纏めて確認できます。