本文へスキップ

エージェントのインストール

WhaTapデータベースモニタリングサービスを使用するための基本的なインストール方法について説明します。

WhaTapモニタリングサービスを使用するには、会員登録後にプロジェクトを作成し、対象サーバーにエージェントをインストールする必要があります。会員登録に関する詳細については、次の文書を参照してください。

次の動画ガイドを参照してください。

プロジェクト作成

エージェントをインストールする前にプロジェクトを作成してください。

  1. WhaTapモニタリングサービスに移動し、ログインします。

  2. プロジェクトを作成するには、画面左サイドメニューからプロジェクト全体 > + Projectボタンを選択してください。

  3. 商品選択 画面でプロジェクトにインストールする製品を選択してください。

  4. プロジェクト名, データサーバーリージョン, プロジェクトタイムゾーン項目を順番に設定してください。

    プロジェクトの生成

  5. 通知言語の設定で、警告通知メッセージの言語を選択してください。

  6. すべての設定を完了した後は プロジェクトを作成する ボタンを選択してください。

ノート
  • データサーバーリージョンは、リージョン(クラウドサービスを提供するためにインストールしたデータセンターのグループ)を意味します。特定のリージョンを選択すると、そのリージョンに所属するデータセンターにユーザーのデータが保存されます。

  • プロジェクトタイムゾーンは通知とレポートを生成する基準時間です。

  • 複数のプロジェクトをグループで管理する場合は、プロジェクトグループからグループを選択するか、グループを追加してください。 グループの詳細については、次の文書を参照してください。

  • 組織を選択してプロジェクトを追加する場合は、組織下位のグループを必須に設定する必要があります。

プロジェクトアクセスキーの確認

プロジェクトアクセスキーは、WhaTapサービスを有効にするための固有IDです。

インストール手順セクションでプロジェクトアクセスキーの発行ボタンをクリックします。プロジェクトアクセスキーが自動的に発行されると、次の手順に進みます。

Tips

プロジェクトを作成すると、自動的にエージェントインストールページに移動します。エージェントインストールページが表示されない場合は、左側のメニューから全プロジェクトを選択し、新しく作成したプロジェクトを選択します。

WhaTapデータベースエージェントのダウンロード

  1. エージェントファイルをダウンロードしてください。次の2つの方法を利用してください。

    • WhaTapモニタリングサービス画面でDownloadボタンをクリックしてダウンロードすることができます。

    • Linux wget方式でダウンロードできます。次のコマンドを使用してください。

      wget -O whatap.agent.database.tar.gz https://api.whatap.io/download/agent/whata.agent.database.tar.gz
  2. ダウンロードしたファイルを分析するサーバーにコピーし、解凍してください。(Windows、Linux共通)

    エージェント構成ファイル
    ファイル名説明
    whatap.confデータベースサーバーのデータを収集する収集サーバーのアドレスとサーバーのプロジェクトアクセスキーを入力するファイルです。エージェント設定の詳細については、次の文書を参照してください。
    alert/alert.conf収集するモニタリング項目にしきい値を設定するファイルです。しきい値を超えると通知イベントが発生します。
    scripts/リモートでSQLスクリプトを実行できるスクリプトのディレクトリです。
    ps.shプロセスIDを読み込むスクリプトです。エージェントプロセスを終了する場合は、そのIDを参照してください。
    stop.shエージェントプロセスを終了するときに使用するスクリプトです。
    uid.sh (uid.bat)データベースの接続情報を組み合わせて暗号化されたUIDを生成するためのシェルスクリプトファイルです。_db.user_ファイルを作成します。最初に一度だけ設定すると、暗号化されたUIDを通じてモニタリング対象データベースサーバーからデータが収集されます。
    モニタリング用アカウント作成の詳細については、次の文書を参照ください。
    start.sh (start.bat)エージェント実行用のシェルスクリプトファイルです。エージェントを実行すると、データベースサーバーからのモニタリング情報の収集が開始されます。
    startd.sh (startd.bat)エージェント実行用のシェルスクリプトファイルでバックグラウンドで実行できます。
    whatap.agent.dbx-X.Y.Z.jarTracerプログラムは、データベースサーバーの情報を収集し、収集した情報をサーバーに送信するプログラムです。
    jdbcデータベースサーバー接続のために参照するライブラリを収集するディレクトリです。エージェントをデータベースサーバーに接続するためのライブラリを直接ダウンロードし、javaのclasspathオプションにパスを設定して使用します。
    xos/データベースサーバーのプロセス使用量をモニタリングできるオプションのエージェントを含むディレクトリです。
    xos.confデータベースサーバーのプロセス使用状況のデータを収集およびデータ転送をするためのエージェントサーバーのアドレスと通信ポートを入力するファイルです。
    * xcub/CUBRIDデータベースのSQLテキスト収集と指標計算を実行する追加のエージェントファイルが含まれているディレクトリです。
    * xcub.confCUBRIDデータベースおよび追加のエージェント接続情報を入力するファイルです。
    ノート

    *: xcubパスのファイルは、CUBRIDモニタリングの専用ファイルです。

  1. 解凍したフォルダの中からwhatap.confファイルを確認してください。whatap.confファイルにプロジェクトのアクセスキー情報、WhaTapサーバー情報、DB接続情報を入力してください。

    whatap.conf
    license=プロジェクトアクセスキー
    whatap.server.host=13.124.11.223/13.209.172.35 // WhaTapのサーバー情報

    dbms=altibase
    db =データベース名(sid)
    db_ip=データベースIP
    db_port=データベースポート
  2. 次のパスにJDBCドライバーをダウンロードしてください。圧縮解除したフォルダ/jdbc

    データベースサーバーのオペレーティングシステムとバージョン用のJDBCドライバをダウンロードします。

    Altibase JDBC Drivers: http://support.altibase.com/en/product

ノート

_/解凍されたフォルダ/jdbc/README.md_ファイルで各データベースのJDBCドライバのインストールパスを確認することができます。

アカウント生成

データベースモニタリングをするために必要な権限を持つアカウントを作成します。root(admin) アカウントでログインしてアカウントを作成してください。

ノート
  • 既に存在するアカウントを使用する場合は、DBユーザーファイルの作成へ移動してください。権限がない場合は、モニタリングを開始できません。

  • 例示コードからwhatapは、DBユーザーアカウント名です。ユーザーが利用するユーザーアカウント名に変更してください。

  • 例示コードのDB Passwordには、ユーザーパスワードを入力してください。

create user whatapidentified by '[DB_PASSWORD]; ## passwordを入力してください。

DBユーザーファイルの作成

データベース接続用に暗号化されたUIDを作成します。usernameとpasswordを入力し、シェルスクリプト(またはバッチファイル)を実行してください。

_uid.sh_シェルスクリプトファイル(または_uid.bat_バッチファイル)は、WhaTapデータベースエージェントをインストールしたパスで見つけることができます。userのいないパスワードしかない場合は、DB_USERdefaultに設定します。

./uid.sh DB_USER DB_PASSWORD
ノート
  • 最初に設定すると、暗号化されたUIDを使用してモニタリング対象データベースサーバーからデータを収集します。

  • DBユーザーファイルを生成するには、プロジェクトアクセスキーをwhatap.confファイルに入力する必要があります。プロジェクトアクセスキーの確認

  • Azure Database環境の場合、DB_USERをDB_USER@DB_nameの形式で入力する必要があります。

  • DB_USERまたはDB_PASSWORDに特殊文字が含まれている場合、特殊文字の前にEscape Character(\)を入力してください。

    Example
    ./uid.sh whatap whatap\!pwd

    # 特殊文字が2つ以上の場合、それぞれエスケープ文字を追加
    ./uid.sh whatap whatap\!\@pwd

モニタリングの開始

エージェントをインストールしたパスからシェルスクリプト(またはバッチファイル)を実行してください。

./start.sh

デーモンのように使用する場合、次のコマンドを実行してください。ただし、nohupを設置した環境のみで動作します。

./startd.sh

データベースモニタリングのエージェントのインストールが完了しました。次の文書でインストール後、チェックリストを確認してください。

付加エージェント(XOS) のインストール及びその他のオプションを適用する

データベースサーバーのリソースをさらにモニタリングする場合は、データベースサーバーに別のXOSエージェントを実行してデータを収集できます。

ノート
  • x86アーキテクチャで動作するOS環境にのみ適用されます。

  • 付加エージェントのインストール過程は、必須ではなく選択事項です。

  1. DBXエージェントがインストールされたパスのwhatap.confファイルに次のオプションを設定してください。

    whatap.conf
    xos=1
    xos_port=3002
  2. _xos_フォルダー(/압축 해제 폴더/xos/)をデータベースサーバーに移動してください。

  3. データベースサーバーに移動した_xos_経路の_xos.conf_ファイルに次のオプションを設定してください。

    xos.conf
    dbx_ip={DB_Agent_IP}
    dbx_port=3002 # default 3002
    cpu_limit=0
    mem_limit=10240
    Tips

    エージェントインストールメニューのDB Agent IPDB Agent Port項目にDB情報を入力すると、エージェントオプションを自動生成することができます。

  4. XOSエージェントの実行権限を付与してください。

    chmod +x ./whatap.agent.xos*
  5. XOSエージェントを実行してください。

    ./start.sh
ノート
  • DBXエージェントでモニタリングしたデータを転送するためにdbx_portに設定したポート(default 3002)が開放されている必要があります。 (UDP Outbound)

  • XOSエージェントをバックグラウンドで実行するには、_./startd.sh_ファイルを実行してください。